週刊少年ジャンプ展 VOL.1は80年代までに掲載の名作を回顧

写真拡大 (全2枚)

7月18日(火)より、東京・六本木の「森アーツセンターギャラリー」にて、『週刊少年ジャンプ』の創刊50周年を記念する『週刊少年ジャンプ展』が開催される。

『週刊少年ジャンプ』は1968年に創刊され、来年50周年を迎える。同展は、その第1弾として創刊から1980年代までに掲載された懐かしの作品を振り返るもの。2018年春には、発行部数653万部を記録した90年代を振り返る「VOL.2」が、2018年夏には、2000年代以降を振り返る「VOL.3」が予定されている。

会場には『シティハンター』『北斗の拳』『キャプテン翼』『キン肉マン』『こちら葛飾区亀有公園前派出所』『ハレンチ学園』『男一匹ガキ大将』といった大ヒット作品のコーナーを設置。

さらに『DRAGON BALL』『聖闘士星矢』『ジョジョの奇妙な冒険』『ストップ!!ひばりくん!』『ハイスクール!奇面組』『コブラ』『ブラック・エンジェルズ』『魁!!男塾』『BASTARD!! −暗黒の破壊神−』『ろくでなしBLUES』といった珠玉の名作の原画が登場するほか、会場限定の映像シアター、記念グッズの販売なども予定されている。

『週刊少年ジャンプ展』は、2017年7月18日(火)〜10月15日(日)まで、森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー52階)にて開催。開館時間は土日祝日および8月14日〜18日は9:00〜21:00、平日は10:00〜20:00。会期中無休。観覧料金は当日一般2000円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです