27日、海外網は、台湾の蔡英文総統がツイッター上で、環太平洋連携協定(TPP)加入に歓迎の意向を示した日本政府に対する感謝のツイートを発信したことを伝えた。写真は蔡総統。

写真拡大

2017年6月27日、海外網によると、台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統がツイッター上で、環太平洋連携協定(TPP)加入に歓迎の意向を示した日本政府に対する感謝のツイートを日本語で発信した。

蔡総統は27日夜、ツイッター上で「台湾のTPPへの参加に対して、日本の菅(義偉)官房長官から前向きなご発言を頂き、誠に心強く感じています。また、日本のご支持を感謝致します」という日本語のメッセージを掲載した。

菅官房長官は26日午後の記者会見で、米国抜きの11カ国による発効を目指しているTPPに対して台湾が加入の意志を示していることについて「TPPは自由で公正な経済圏を地域や世界に広げていくため開かれた協定として合意されたもの。台湾を含め、さまざまな国、地域が引き続きTPPへの参加に関心を示していることについて歓迎をしたい」とコメントし、必要な情報を提供する用意があることを示した。

蔡総統のツイートには、菅官房長官の発言を伝えた日本メディアの報道のリンクも付されていた。(翻訳・編集/川尻)