キム・スヒョン「リアル」VIP試写会で突然の涙…理由に関心集中

写真拡大

俳優キム・スヒョンが映画「リアル」のVIP試写会で涙をこぼした。

キム・スヒョンは昨日(27日)、ソウル往十里(ワンシムニ) CGVで行われた映画「リアル」のVIP試写会に俳優チェ・グォン、ソルリ、イ・ソンミンらと共に出席し、多数の上映館で舞台挨拶を行った。そんな中、某上映館でキム・スヒョンは観客への挨拶の途中で突然涙をこぼした。

該当の上映館には多くの関係者が出席しており「こんばんは。チャン・テヨン役を演じたキム・スヒョンです」と挨拶しながら頭を下げると、場内にいた彼の男性の知人たちが「ウワ〜!」と大きな歓声を上げた。

キム・スヒョンは「今日を本当に待ちに待っていました」と言い、以後言葉を続けられずに涙をこぼした。続いてMBCバラエティ番組「無限に挑戦」で見せた、気合を入れて「チャ!」と叫び「今日はとてもドキドキ、ワクワクしています。本作は皆さんにとって多少不親切な作品になるかも知れません」と話した。

キム・スヒョンは、他の上映館で「今日を待ちに待っていました。それで、緊張しつつも期待もしています。映画『リアル』が不親切だと噂になっています。でも、難しい作品とばかり考えないで、もしついていけなくなったら、その時からは見物する気持ちでご覧ください。大いに愛してくださるよう、お願いいたします」と頼んだ。

キム・スヒョンが涙をこぼした理由はマスコミ試写会以後、作品に対する酷評が続いているからだ。キム・スヒョンは一人二役の演技は輝いたが、作品の弱点をワントップ主演である彼が背負わなければならなかったプレッシャーと、心の重荷が涙となって溢れてきた。「リアル」は撮影の後半に監督が交代するなど、難航があった。

映画「リアル」は、アジア最大規模のカジノを巡った二人の男性の、巨大な秘密と陰謀を描いたアクションノワールだ。本日(28日) 韓国で公開される。