『銀魂』より。白髪の男が吉田松陽 (C) 空知英秋/集英社 (C) 2017「銀魂」製作委員会

写真拡大 (全2枚)

小栗旬主演、福田雄一監督で実写映画化されることが話題の『銀魂』で、吉田松陽(よしだ・しょうよう)の声を、テレビアニメ『銀魂』や劇場版アニメ『銀魂 新訳紅桜篇』で同役の声を演じていた山寺宏一がつとめていることが明らかになった。

[動画]映画『銀魂』WEB版予告編

吉田松陽は坂田銀時(小栗旬)・桂小太郎(岡田将生)・高杉晋助(堂本剛)の師で、彼らに大きな影響を与えた、物語のキーパーソンとなる人物。

銀時はやる気なしで下品、おまけにいつもぐうたらしているが、実はかつて攘夷戦争に参加し「白夜叉」と呼ばれた伝説の侍。幕府指名手配中の攘夷志士の生き残り・桂小太郎と攘夷過激派武装集団・鬼兵隊の頭領・高杉晋助とは攘夷戦争時代の盟友で、松陽が開いていた松下村塾で、ともに学んだ幼なじみという関係だ。

同じ師の元で学んだ3人だが、今はそれぞれ異なる道を進んでいる。本作ではそんな3人が、譲ることのできないそれぞれの“侍魂”を抱え、対峙する場面も。映画『銀魂』は7月14日より全国公開となる。