疲れを一気に癒してくれる 知っておきたいお風呂の入り方

写真拡大

夏は活動的になりますが、気温や湿度が高く、室内はエアコンでかえって冷たいという、体にはとてもシンドイ環境になります。だから、意外に体の疲れが取れないのを、毎年何となく実感していないでしょうか。特にエアコンをかけて寝ている人は、朝からダルい…ということになりやすいかもしれません。そんな体をリセットしてくれるのが入浴なのです。

夏でも湯船に浸かるのが基本

夏は活動的な季節ですが、気温や湿度が高く、室内はエアコンでかえって冷たいという、体にとっては、なかなか過酷な? 状況です。特にエアコンの冷たさは、体の芯まで冷え切ってしまっているようで、疲れがたまって抜けていかない。ダルさを体から追い出すエネルギーが作れないような感じになります。そんな体をリセットするのは、入浴が一番です。シャワーだけで終わらせず、しっかりと湯船に使って、氷を溶かすような時間を作りましょう。

湯船は耳の下までしっかり浸かる

よく半身浴がいいですよ、という話を聞きますが、疲れを癒して体のダルさを取り払うのであれば、一度体の芯の氷を溶かす必要があります。それができるのが、全身浴です。

しかも、湯船の浸かり方は重要で、基本は耳の下までしっかりと浸かること。耳の下には耳下腺というリンパ腺があり、ここまで浸かることで、全身のリンパ液をきちんと巡らせるサポートになるからです。

リンパは体の免疫機能。体の深部に毒素が届かないように、あちこちに関所を設けて、毒素を撃退しています。その一つが耳の下にある耳下腺なのです。リンパは、筋肉が硬くなってしまうと、その通り道がキュッと締まり流れが悪くなってしまいます。それは免疫の低下につながるので、きちんと流したい。筋肉をほぐし、リンパ腺の機能を充実させておく必要があります。そのためには、お湯に浸かってリンパ腺まできちんと温めるのがベストなのです。リンパ腺がきちんと働けば、体にたまった毒素を流し、排泄してくれ、ダルさを解消してくれるのです。

 

シャワーで頭皮を緩めよう

疲れている時、頭を触ると、頭皮が動かない、もしくはブカブカとむくんでいるのではないでしょうか? 多くは頭皮が硬くなって動かなくなっています。特にデスクワークで普段から考える作業が多かったり、パソコンで目を使っている人は、髪の毛でわかりづらいですが、毛穴がしまってしまい、頭の皮膚が緊張しているのです。そうすると、結局全身を緩めることができず、疲れを癒せません。そこでシャワーです。

頭皮を緩めるには、オイルトリートメントなどがとても有効ですが、てっとり早いのがシャワーです。頭皮に刺激を与え、温めることで、頭皮が緩みます。顔から頭にかけての筋肉が緩むので、顔も穏やかになり、心身がホッとするのです。

また、寝る前にお風呂に入らない時や、仕事中でも頭皮への刺激はぜひ行ってください。ブラッシングだけでも、相当気持ちいいので、前から後ろから、横から、下向きになど、考えられる方向でブラッシングし、刺激することで髪の毛の間に空気の層ができて、頭皮も緩みます。

 

ライター:三上あずさ