東映株式会社が6月28日、『新たなるビギンズナイト!? “あの街”の探偵が帰ってくる』という発表を公式サイトを通じ行った。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

発表では、「2017年夏」「7年ぶりに風都を舞台に、あの探偵たちの物語が再び始まります。」と紹介されている。他にも、「そう!あの“二人で一人の探偵”が帰ってくる!」とされており、作品名こそ明記されていないものの公開されたビジュアルと合わせると、2009年から10年にかけ放送された『仮面ライダーW』を意味していることが分かる。

さらには、仮面ライダーWのメインライターを担当した三条陸による「正式な続編」、「これは映像作品ではありません。新しいステージでのチャレンジとなります。」と紹介されている。

つまり、映像作品以外で『仮面ライダーW』の正式続編が決定したということらしい。

■映像ではなく新たなステージでのチャレンジ

仮面ライダーWは、シリーズ初の「2人で1人の仮面ライダー」。風都という架空の街を舞台に、仮面ライダーWに変身する左翔太郎役を桐山漣、フィリップ役を菅田将暉が演じ放送された。
当時仮面ライダーシリーズは既に幅広い層から支持を得ていたが、「2人で1人の仮面ライダー」ということもあり個性の違う二人の俳優の熱演で、さらにファン層を広げた作品でもある。

その人気作の7年ぶりの続編。今発表では詳細は明らかとされていないが、正式タイトルやスタッフ布陣等は7月3日に発表するとのこと。
漫画なのか小説なのか。それともまた違うものなのか?そして翔太郎は?フィリップ君は?続報を楽しみに待ちたい。

<出典>
東映株式会社

(HideI / 画像・東映公式サイトの画面キャプチャ)