@AUTOCAR

写真拡大

エレメンタルRP1 エンジンを変更

まさにサンデーレーサーの名にふさわしいモデル「エレメンタルRP1」が、最高出力のアップデートを受ける。そのリリースのなかには、思いがけないことにリンカーンの名前があった。

今回のアップデートは、エンジンをフォードの最新版2.3ℓ EcoBoostユニットに変更するもので、最高出力が現行の324psから大幅に向上するという。エレメンタルは、テストベッドによる検査を終えていないため、正確な数値を発表していないが、355ps以上を予想しており、380psになる可能性も否定していない。

ただ面白いことに最大トルクの値に変化はないという。
 

新ユニット、フォーカスRS用? リンカーン用?

新しいエンジンは、フォード・フォーカスRS用ユニットと多くを共用するが、実際のところ北米では高級車ブランドのリンカーンに展開されているものだ。

エレメンタルによれば、エンジンの変更は、同社のモデルの将来性を検討した結果の判断であり、今後のエミッション規制に準拠することも視野に入れているという。

ただし、今回のアップデートはエンジンにとどまらない。ダウンフォースが20%も向上しているのだ。

同社によると、時速240km/h走行時に発生するダウンフォースは、従来型RP1が400kgであったのに対し、新型は500kgに達するという。

これは、リアエンドに装備された新開発のフラップによる成果だ。
 

エレメンタル 今後のモデル展開は?

エレメンタルは以前、RP1のダウンフォースが、時速240km/h走行時に1000kgを発生するアップデートパックを発表している。しかし、今のところそのオプションは開発継続中であり、カスタマーへの提供は開始されていない。

また第2のモデルに関して、同社のスポークスマンは直近でローンチする予定はないとしているが、長期的には可能性が皆無ではないと話している。