ブレアハウス(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領はトランプ米大統領との首脳会談のため、28日(米東部時間)からの3泊、ワシントン・ホワイトハウス前にある迎賓館「ブレアハウス」に宿泊する。

 同館は米政府が外国首脳に提供する迎賓館。韓国の歴代大統領のうち、初訪米でブレアハウスに3泊以上宿泊するのは文大統領が初めてとされる。外交筋は「それほど米国政府が文大統領を手厚くもてなすという意味」と説明した。
 最近、ブレアハウスの利用に関する規定が厳しくなり、外国首脳が3泊以上宿泊する場合は極めてまれという。
 また、トランプ大統領が外国首脳夫妻を招き、ホワイトハウスで歓迎夕食会を行うのは文大統領が初めてとなる。トランプ大統領は就任後の4カ月間、外国首脳数十人を招待して会談を行ったが、ホワイトハウスで歓迎夕食会を開いたのはインドのモディ首相が唯一だった。ただ、夫妻の主催ではなかった。
 米政府は今回の首脳会談の調整で韓国側に対し、「最高のもてなしをする」との方針を数回にわたって強調したという。
kimchiboxs@yna.co.kr