韓国で販売されているロボット玩具(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の今年1〜4月の玩具輸入額が過去最高を記録したことが、28日までに明らかになった。

 韓国文化体育観光部と韓国文化観光研究院によると、今年1〜4月の玩具輸入額は2億7590万9000ドル(約309億5000万円)で、前年同期の2億6771万6000ドルから3.1%増加し、同期間で過去最高を記録した。
 1〜4月の玩具輸入額は2013年が1億9060万ドル、14年が2億1870万ドル、15年が2億4150万ドルと増加を続けている。
 種類別ではロボットなど人形玩具が昨年の4018万9000ドルから今年は7063万9000ドルと75.8%急増し、増加幅が最も大きかった。また、中国からの輸入比率が88.3%を占めた。
 一方、組立式玩具、パズル、ボール、電動汽車、楽器類などその他玩具の輸入は前年同期(2億1198万5000ドル)に比べ10.4%減少した1億9004万ドルと集計された。中国製のシェアは76.8%だった。
 子ども用自動車など、乗用玩具も1554万3000ドルから1522万9000ドルへ2.0%減少した。
 玩具類全体の輸出は、昨年1〜4月の2856万4000ドルから8.2%減少し、今年1〜4月は2623万3000万ドルだった。輸出品のうち、その他玩具が1919万6000ドルで最も大きなシェア(73.2%)を記録した。
 この期間、玩具用品分野で韓国は2億4970万ドルの貿易赤字を出した。
 玩具業界の関係者は「最近テレビで放映されている変身ロボットアニメが大きな人気を呼び、キャラクターロボットに多くの需要が集まっている」とし、「これらの製品の大部分を中国で製造して輸入するため、玩具製品の輸入額が過去最高を記録した」と説明した。
ynhrm@yna.co.kr