きゃりーぱみゅぱみゅ

 歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが、咳が治らず霊媒師に見てもらったことを報告。「右肩に女性の霊と15個の念がついてる」と言われ、お祓いで咳が止まったことを明かすとファンから心配の声が挙がった。さらに、一部からは「オカルト女」との指摘も寄せられたようで「全然そんなことないわ!笑」と一蹴している。

 きゃりーは27日に自身のツイッターを更新。「咳がずっと治らなくて苦しんでた件ですが」と自身にまつわる報告をおこなった。

 今年3月、きゃりーは神戸で開催予定だった公演を急きょ中止。その後にツイッターで「何日か前から咳をしていて、お仕事をしていたものの昨日神戸に行く新幹線の途中で体が熱くなり病院につく頃にはフラフラになっていました」とし、ファンにお詫びした。

 ところが、同月25日に再びツイッターを更新し、「咳!止まれ!STOP!咳!!!」と咳がなお止まない状態であることを明かし、「風邪なんてとっくに治ってるのに重たい咳が続くから気管支炎が咳喘息かなあー。はー」とため息。

 およそ2カ月経過した先月30日にもツイッターで「ま!た!せ!き!が!で!て!き!て!る!」と自らも驚く状況を説明。ファンから心配の声が寄せられていた。

 それを受けての報告となったきゃりーの“咳”にまつわるツイート。冒頭の書き出しに続いて、「最近、霊媒師さんに見てもらったら右肩に女性の霊と15個の念がついてる」と言われたことを明かした。

 そして、「お祓いしてもらってから咳がピタッと止まりました」とし、「念って喉にでたりするんだって。みなさんもお気をつけください。。」とファンに向けて呼びかけている。

 このきゃりーの報告にはファンから心配の声が続出。「怖い!」「怖いな、何処でもろたん?」「非常に胡散臭い」「信じたらダメ」などと様々な角度からきゃりーを心配する声が集まっている。

 こうしたファンの声を受けてきゃりーは再びツイッターを更新し、「なんかオカルト女か? みたいに心配してる人いるけど全然そんなことないわ!笑」と一部ファンの声を一蹴した。

 さらに、「病院5件ぐらい行って咳喘息だと思うって診断されて吸入と飲み薬飲んでたんだけど3ヶ月ぐらいずっと止まらなくて大変だったのだ」と、ここまでの経過を報告しつつ、「それか百日咳か」とオチを付けた。