公共の場や商品のパッケージなんかでよく「触るな危険」とか「混ぜるな危険」と言ったような警告サインを見かけることってありますよね。そんな警告サインをもし自分にぶら下げるとしたらみなさんはどんなことを記載したいですか? 今回は米掲示版Redditより思わず笑える警告サインアイデアを集めてみました。

胸元を見ているわけではありません、人と目を合わせるのが苦手なんです

夏場、女子が薄着になるとどうしても男性の目線は女子の胸に行ってしまいがちなのですが、人によっては誰かとアイコンタクトを取るのが苦手が人だっているんです。そんなとき、目線をどこにやれば良いのかわからなくなって思わず女子の胸を凝視してしまうというなんてことも……。別にいやらしい目線を向けているわけではないということを女子の皆さんにお知らせしたいのです。

話が続かないと、どうでもいい天気の話をしてしまう傾向あり

あまりお互いの事をよく知らない人と話すときって、話のトピックを選ぶのに苦労することがありますよね。そこで一番当たり障りのない天気の話題を唐突に出してしまうことがあることを事前に警告しておきたいのです。「あのサッカーの試合は伝説的でしたよねー……そういえば、今週木曜日は雨が降るらしいですよ」みたいな感じで……。

片頭痛持ちであるため、しばしば予定をキャンセルする可能性あり

片頭痛を経験したことのない人たちはどれほどこの症状がツライのかわからないことが多く、「ただの頭痛で前々から決めていた予定をキャンセルするなんてありえない!」とイラッとしてしまうことが多いはず。しかし、片頭痛が酷いときには床に転がったまま動けないほどのことだってあるのです。そのため、片頭痛持ちのため約束をドタキャンすることもある、という断りを最初に入れておきたいのです。

アルコールと混ぜるな危険

お酒が弱い、はたまたお酒を飲むと感情的になってしまうタイプの人に必要な警告表示。これをつけておくことで無理やりお酒を飲まされることを防いだり、飲んでいるピッチが早いときには周りの人たちが一声かけてくれるはず。

チョコレートを近づけないでください

チョコレートが近くにあると気分が悪くなるまで食べ続けてしまったり、一度パッケージをあけると食べきるまで手を止めることができない方にはこれが必要。近くで誰かがチョコレートを食べていると、なんとかそのチョコレートを少し分けてもらおうとアピールしてしまうものの、「おひとついかが?」なんて言葉はかけないでくださいという自分への戒め警告なのです。