ハイテク企業が"運動と瞑想"に夢中な理由

写真拡大

グーグルやアマゾンなどのハイテク企業が、こぞって「運動」と「瞑想」を取り入れている。かつて狩猟採集生活を送っていた野性時代の私たちは、「今、この瞬間」に集中し、日々を生き続けた。運動や瞑想は、そんな私たちの身体の奥底にある「野性の遺伝子」を目覚めさせるのだという。デジタル時代に、特別な集中力を得る方法とは――。ハーバード大学医学大学院のジョン・レイティ准教授とオリンピアンの為末大氏の対談、前編(http://president.jp/articles/-/22416)に続き、後編をお届けする。

■「倹約遺伝子」は今の時代にそぐわない?

【為末】今回のテーマに「現代における野生」という題目があります。例えばアスリートが好きな食べものを選ぶと、自然とバランスの取れた食事になる、ということがある。一方で、好きなものを選ぶと欲に負けて身体に悪いものばかり食べるから、律するべきという意見もある。私たちは自分自身が欲するものをどのように察知しているのでしょうか?

【レイティ】進化論的見地から考えることが重要です。人類は狩猟採集民として進化する中で、「倹約遺伝子」と呼ばれる遺伝子を創り出しました。これには二つの役割があります。一つは可能な限り高カロリーなものを摂取すること。だからこそ、人々はピザやアイスクリームなどの炭水化物に手を伸ばしてしまう。それは「美味しいから」。なぜ美味しいのかというと、それらにカロリーが多く含まれているからです。

狩猟採集民は常に食事にありつけるとは限らないので、高カロリーの食べ物を見つければ手を伸ばすのです。もう一つは摂取したカロリーを蓄積することです。人間は本能的に運動をしない。なぜなら、エネルギーを無駄にせぬよう備蓄しておく必要があるからです。不要な時には走らないし、トライアスロンもしない(笑)。それは生存手段でもあった。狩猟採集民時代の遺伝子が、今日でも存続しているわけです。

しかし、世界も、生活文化も変化しました。改めて本能を研ぎ澄まし、自分の身体に有益な物を摂取するということに改めて立ち返る必要があるのです。

■瞑想で記憶力や集中力が上がる

【為末】時間的制約がある現代において、いかにして「野生」に返ればいいのでしょう?

【レイティ】たとえば森林浴をするだけでもいいのです。より多くの時間を屋外で過ごすのは大切なことです。厳密に管理された時間や、企業活動の中で「野性的な時間」を持つことは難しいかもしれないけれど、努力すべきだと思います。自然と繋がり、埋没してこれを愛する。例えば人間の手があまり入っていない山道(トレイル)を走ることで、今この瞬間に意識が向かい、日常的なストレスから開放されます。このところ先進国でひろまっているマインドフルネスですね。その一部である瞑想もいいでしょう。

米国の学校や企業、特にハイテク企業で実践されています。MIT(マサチューセッツ工科大学)、ハーバード大学、カリフォルニア工科大学などでも大きな波が来ており、学生や教授も瞑想をしています。なぜなら、瞑想によって心身状態が良好になり、記憶力や集中力が上がることを知っているからです。マインドフルになることで、人生に喜びを見出し、デジタル化された現代において、注意散漫になりがちな状態を緩和することが出来る。だからこそ、ここまで大きなブームになっているのだと思います。

【為末】本来人間が暮らしていた所は不整地で、凹凸やぬかるみに意識を向けてそれを避けながら移動していたはず。ただ現在では、整備された道を走っている。最近頻繁に用いられる「マインドフル」という言葉は、今目の前の瞬間に集中することで、余計な考えを捨て去る、そんなイメージですか?

【レイティ】その通り。緊急時や、競技中といった場面においては、明日のことは考えず、「その時間」に没入しているはずです。現代において、我々は多くの時間を別のことに意識を向けて過ごしています。未来のこと、過去のこと。その瞬間に意識を集中していることは滅多にない。今、様々な研究が「如何にしてゾーン(集中状態)に入るか」ということに費やされています。注意散漫な状態を抑制するには、今を意識することです。その為にも、「運動」と「瞑想」は重要なのです。

■マインドフルな状態になるためのAI

【為末】テクノロジーの世界では「今この瞬間」というよりも、未来を見据えたり、過去を振り返ったりする場合も多いのではないかと感じます。しかし、人工知能を始めとしたテクノロジー分野の研究者がむしろ、マインドフルの概念に惹かれているという側面もあるということですね。彼らはマインドフルになることでどのような実感を得ようとしているのでしょうか?

【レイティ】ハイテク業界の人々は、様々な仕事を効率化する為に瞑想を活用しているという側面もあるのではないでしょうか。マインドフルな状態になるためのAIを開発している人たちもいます。グーグルやアマゾンは、様々な個人情報に基いて、われわれを「よりよい自分に」に仕立ててくれるAIを開発しています。自分の長所は何か、それを最大限引き出すにはどうすればよいか……。しかし、そういったコーチングを常時行ってくれる存在がいなくても、そのような理想の自分をイメージすることが大切ではないかと思います。

■「自分が本当にしたいことは何か」

【為末】私自身の競技体験で難しかったのが「自分が本当にしたいことは何か」というテーマです。「自分は何が欲しいのかを知る」ということは本来の自分に立ち返る上でとても幸せなことではないかと。そうでないと、色々な物事に振り回されてしまうと思うんですね。そういった悩みを持っている人にアドバイスを送るとしたら?

【レイティ】まず自分の価値がどこにあるのかを考えるべきでしょう。そしてそれが自分の求めるものなのかを考えて見て下さい。それはあなたを幸福にしてくれますか? ハーバード大学には数年前から『幸福論』という講義があります。講師のタル・ベン・シャハー氏はスカッシュのイスラエル王者でしたが、優勝を手にしたあと「この先、自分は何をしたいのか?」という壁に直面しました。「何が我々を幸せにするか」という彼の講義はハーバードでも一番人気となりました。大切なことは、他人との繋がりなのです。

現在、あるグループと研究を行っていますが、年配になるほど引きこもってしまうというデータがあります。米国の高齢者医療制度では、社会的な繋がりをつくることが推奨されています。というのも、老後の健康と関連性が深いのは、家族や友人など、周囲とのコネクションの強さだと言われているからです。他人との繋がりは、ウェルビーイング(=身体的・精神的・社会的に良好な状態)を保つ上での鍵になるのです。

■デジタル化と野生のバランス

【為末】テクノロジーと身体の関係性についてお伺いします。テクノロジーの進化は止めることは出来ないと思いますが、行き過ぎると弊害もあると感じています。私は子供向けのランニング教室を開いていますが、子供たちを前にして話しているとき、なんとなく彼らの頭が前方に傾いているように感じました。昔の私の写真と見比べてみても、明らかに違います。もしかすると、スマートフォンを常に見ていることと少なからず関係があるのではないか、と。テクノロジーは便利な一方で弊害もある。デジタル化と野生の最適なバランスはあるのでしょうか?

【レイティ】現実も受け止めなくてはなりません。スマホをいじっているより面白いことがあるという事実を教えるのも大切です。外に出て自然に触れる、人と会う、小さな集団の中で価値を共有しながら共に過ごすことが重要だと考えます。でも、もちろん、テクノロジーを用いて運動を促進することも出来ます。『DDR(ダンスダンスレボリューション)』、『Wii Fit』。『PokemonGo』は革命的です。それによって子供たちが実際に身体を動かすようになりました。『Fitbit』を装着したある子供は父親から毎日1万歩、歩くように言われていたのですが『PokemonGo』が出た途端「パパ、今日は4万歩も歩いたよ」と(笑)。人を動かすという分野においては、テクノロジーにこれからも期待したいと思っています。

【為末】機具が進化することによって運動のパフォーマンスが向上する一方で、自分本来の能力はどのように開発すれば良いと考えますか?

【レイティ】レジリエンス(耐性、回復力)を付けていくことではないかと思います。自分に何が可能かを意識し、困難な状況であっても継続出来るという自信を持つことです。そのためには、いかなることにも挑戦すべきですし、困難に直面しても耐えなくてはなりません。トレーニングについても言えることです。時には、普段よりも強い負荷をかけてみる。安全圏を少し離れて自分自身に挑戦することで、より強い耐性を手に入れることが出来るはずです。前述したタバタ式トレーニングがまさに当てはまるでしょう。ただ、どんな運動についても言えることですが、理想の形にどうアプローチするのかを考え、段階を踏みながら身体を慣らしていくことが肝要であると思います。

▼編集後記

レイティ博士は現在、研究パートナーと共に新たな書籍の執筆に取り組んでいるという。仮タイトルは『ADHD2.0』。現在、神経科学の分野で新たな研究が進展しており、過去に論じられてきた項目とは異なる脳の機能が判明しつつあるようだ。「脳と運動」の権威が展開する、新たな理論に期待したい。

----------

ジョン・レイティ博士 (John J. Ratey, MD)
ハーバード大学医学大学院臨床精神医学准教授。神経精神医学の世界的な専門家。ADHDを初めて分かりやすく説明した『へんてこな贈り物』(インターメディカル)をエドワード・ハロウェル医師と共著で発表したほか、著書・論文多数。ベストセラー『脳を鍛えるには運動しかない! 』(NHK出版)により脳と運動の繋がりに関する世界的権威の一人となり、近著『GO WILD 野生の体を取り戻せ!』(NHK出版)では、人間が本来持つ野生の力をいかに現代生活において活かし、心身の最適化を図るかを論じた。カリフォルニア州政府の運動に関する委員会においてアドバイザリーボードの共同議長を務めるほか、国立台湾体育運動大学非常勤教授、台湾総統および韓国教育省のコンサルタントを務めるなど世界中で活動している。精神科医としても1997年以来、Best Doctor in Americaの一人に選ばれ続けているほか、2016年はマサチューセッツ州精神科医協会より「2016年の卓越した精神科医」に選ばれている。また一般社団法人日本運動療育協会の特別顧問を務めるなど、世界中で子どもの運動療育にも力を入れている。
為末 大(ためすえ・だい)
1978年広島県生まれ。2001年エドモントン世界選手権および2005年ヘルシンキ世界選手権において、男子400メートルハードルで銅メダルを勝ち取る。陸上トラック種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得者。シドニー、アテネ、北京と3度のオリンピックに出場。男子400メートルハードルの日本記録保持者(2013年5月現在)。2003年、大阪ガスを退社し、プロに転向。2012年、日本陸上競技選手権大会を最後に25年間の現役生活から引退。現在は、スポーツに関する事業を請け負う株式会社侍を経営している。著書に『諦める力』『逃げる自由』(ともにプレジデント社)などがある。

----------

(ハーバード大学医学大学院臨床精神医学准教授 John J. Ratey、アスリート 為末 大 構成・撮影=吉田直人)