【詳細】他の写真はこちら

いつでもどこでも、最高のプレイを!

野外での演奏に便利な乾電池駆動対応のギターアンプに、新たな選択肢です。ローランドは、BOSSブランドの小型ギターアンプ『KATANA-MINI』を2017年7月15日に発売します。価格はオープンですが、実売1万円台となる模様。

シリーズ最軽量のコンパクトボディ





ギターアンプ「KATANAシリーズ」で最小、最軽量となるこのモデル。幅230☓奥行き116☓高さ181mmとほぼB5サイズで、重量も1.2kg(電池含む)と軽量。単三形乾電池6本で駆動し、アルカリ電池なら約7時間、充電式ニッケル水素電池なら約9時間利用できるそう。また乾電池だけでなく、ACアダプター(別売り)も利用できるので、バッテリーを気にせず演奏に打ち込めます。搭載スピーカーのサイズは10cm(4インチ)。定格出力は7Wとなっています。

本格派サウンドはそのままに





迫力ある歪みと心地よいレスポンスで好評な「KATANA」シリーズですが、『KATANA-MINI』もそのサウンドを継承しているとのこと。ステージ用アンプと同様、段階的に歪みをアップさせていくことができるアナログ・ゲイン回路を搭載し、クリーンからディストーションまで表現力豊かなサウンドを実現可能とされています。

選べる3つのアンプ・タイプ





『KATANA-MINI』には、ハイゲイン・サウンドを実現しBOSSのフラッグシップモデル『WAZA AMP』の流れを汲む「BROWN」、リズム・フレーズやブルージーなソロ演奏に最適なドライブ・サウンドとなる「CRUNCH」、クリアでレンジの広い「CLEAN」、といった3つのモードが搭載されているのもポイント。また、3バンドEQ(BASS/MIDDLE/TREBLE)のアナログ・トーン・スタック回路も備え、自然な音作りができるそうですよ。



文/塚本直樹

関連サイト



『KATANA-MINI』製品情報

『KATANA-MINI』プレスリリース