「学生の体質健康評価と運動の影響」に関するハイレベルフォーラムが26日、上海華東師範大学で閉幕した。

写真拡大

「学生の体質健康評価と運動の影響」に関するハイレベルフォーラムが26日、上海華東師範大学で閉幕した。同フォーラムでは、華東師範大学の「青少年健康評価・運動の影響」教育部重点実験室が、日本の関連機構と共同で行った研究をまとめた「中日児童青少年体質健康比較研究結果レポート」が発表され、注目を集めている。中国青年報が伝えた。

同レポートは、3年間かけて、日中の4都市・地域の7-18歳の児童・青少年約2万人を対象に、同じ方法、基準を使って調査を実施し、その結果をまとめた。調査結果によると、2014-16年の体格指標(身長、体重、ボディマス指数「BMI」)を見ると、ほとんどの年齢で、中国の児童・青少年が明らかに日本を上回った。ただ、基礎体力指標を比較すると、日本の児童・青少年のほうが、心肺能力、柔軟性、機敏さ、協調性などの点で、中国を上回った。

1993年、青少年問題の専門家・孫雲暁氏が発表した「サマーキャンプの比較」が中国の教育界に警鐘を鳴らして以降、日中の児童・青少年の体質・健康の比較への注目が高まっている。14年の中国の全国両会(全国人民代表大会・全国人民政治協商会議)では、ある人民代表が、7-17歳の男子を見ると、中国の男子が日本の男子より身長が2.54センチ低く、力、速さ、瞬発力、持久力など、体質に関する項目の数値が全面的に低下しているというデータを明らかにした。

しかし、「2010年中国国民体質健康報告」と「2010年日本国民体力・運動能力調査報告」によると、7-18歳の男子児童・青少年の平均身長は、中国153.20センチ、日本152.30センチとなっており、中国が日本を上回った。今回のレポートでも、同年齢層の平均身長において、中国が日本を上回っていることを示している。14年と16年の同年齢層の男子の平均身長を見ると、中国はそれぞれ154.3センチ、157.2センチ、日本はそれぞれ150.6センチ、151センチとなっており、女子も中国はそれぞれ150.1センチ、151.5センチ、日本はそれぞれ145.5センチ、146.4センチとなっている。

前出実験室の室長で、華東師範大学体育・健康学院の院長である季瀏氏によると、 「身長が高いといっても、中国の児童・青少年の体質・健康状態が日本を上回っていることを示しているわけではない。体格指標は人の体質を示し、体質や健康の要素の一つにすぎない。それに、データは、中国の児童・青少年の過体重・肥満率は日本より高いことを示している。もっと注目すべき点は、基礎体力指標が全体的に低く、中国の学校には、知識を重視し、体育を軽視するという問題が依然として存在している点だ」と指摘している。

名古屋学院大学の中田貴博教授によると、「日本の児童の身長はここ30年ほとんど変化していない。00年まで肥満の児童が少し増加したが、00年以降はその数はほとんど変化しておらず、逆に痩せている児童が増加し続けている。基礎体力の面を見ると、1985年をピークに、ここ30年は明らかに数値が下がっている」。その原因について、中田教授は、学校以外の家庭や社会環境が、日本の児童・青少年の体質・健康に影響を与えるほどの軽視できない要素となっていると分析している。例えば、70年、日本の小学生の就寝時刻は夜9時07分で、起床時刻は早朝6時30分だったものの、36年後には、就寝時刻が夜9時42分に、起床時刻は6時42分になったというデータがあり、最近はこの傾向には歯止めがかかった。しかし、テレビゲームや携帯ゲームで遊ぶ子供が増加しており、3歳から小学校6年生の子供を対象に行われた調査では、3歳児の30%、4歳児の50%がテレビゲームや携帯ゲームで遊んだことがあった。

その他、小学校高学年のほとんどの子供がテレビゲームや携帯ゲームで遊んでおり、遊ぶ時間は学年が上がるにつれ増加している。幼稚園児でも、テレビゲームや携帯ゲームで遊ぶ時間は1日平均約50分となっている。 その一方で、テレビゲームや携帯ゲームをするために犠牲になっているのが、外で運動する時間だ。(提供/人民網日本語版・編集KN)