NHKは受信料を徴収しているし、国の予算もつぎ込まれている。公共放送事業の特殊法人で、外国から見ると日本を代表する報道機関である。

 そうであるならば、共産圏のように指導部や政府の代弁機関であるとは言わないまでも、テレビおよびラジオ放送事業として、日本の歴史と伝統を重んじ、広く国民の声を汲み上げ、公正な報道に努める必要がある。

 放送法(第4条)の文言で言うならば、公安及び善良な風俗を害せず、政治的に公平で、報道は事実を曲げず、対立意見は多角的に論点を明らかにすることが求められている。

 ところが、現実はこのような報道になっていないために、受信料不払いなども起きている。第1の問題点は偏向報道であろうが、民放との視聴率競争などからくる、例えば紅白歌合戦に見られるような過度の芸能番組化も疑問である。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

徹夜審議中に流されたテロップは?

 歌合戦は年の瀬のご愛嬌番組としてさて置き、6月15日は与野党が対立し、また国民を二分するテロ等準備罪を規定した法案について、国会では徹夜で裁決のための中間報告が行われていた。

 そうしたなかで、臨時ニュースを知らせる警告音が響いた。その瞬間、さては国会で大きな動きがあったか、あるいは大きな災害でも発生したのかと思いきや、何と「野際陽子さん死去」のテロップであった。

 芸能界に詳らかでない筆者にはこれがどれほどのニュース価値があるのか分からない。しかし、国会では徹夜で国論を二分するような報告が行われている時に、地震や大雨などの警報ならばともかく、一芸能人の死去が特報で流されるほどの重要性があったのだろうか。

 NHKの感性は狂っているのではないかと強く思わざるを得なかった。同様に18日の元SMAPメンバー3人(稲垣、草磲、香取)の退社報道でも違和感があった。

 人気グループであったことは確かであろうが、既に昨年末に解散したグループである。そのうえに、内輪話的なことを長々と解説していたが、正直、芸能番組ではあるまいし・・・と思ったのは筆者1人であろうか。

 極めつけは23日の冒頭に歌舞伎俳優市川海老蔵の妻小林麻央さんの死去ニュースが長々と報じられたことである。人気者同士の結婚であったし、麻央さんが闘病生活しながら、病気で苦しむ人々をブログで勇気づけてきたことは美談に違いない。

 ブログは海外でも紹介されたそうである。

 「病気になったことが私の人生を代表する出来事ではないから、与えられた時間を病気の色だけに支配されることをやめました。なりたい自分になる。人生をより色どり豊かなものにするために。だって人生は一度きりだから」

 最後のブログは、「皆様にも、今日 笑顔になれることがありますように」であったという。病人ばかりか元気な人にも人生や日々のありようについて気づかせる、感動的なものであることは確かである。しかし、冒頭で10分以上も割くべきことであったのだろうかという疑問が残る。

 2番目の報道が都議選の告示、安倍首相も参加して行われた沖縄戦72回目の「慰霊の日」行事と続いた。

 都議選は地方選挙とはいえ、過去においては国政に大きな影響を及ぼしてきたし、今回も小池百合子都知事が結成した党が躍進して、安倍晋三政権にいかなる影響を与えるかが注目されている。こうした点からも、2番手とはいかがなものかと感じないではおれなかった。

憲法改正1万人大会をどう報じたか

 「慰霊の日」のニュースも、沖縄が抱える基地の現状を考えると、日本の安全保障に関係する面が大きい。

 戦没者追悼式は慰霊と平和を願う式典でもあり、安倍首相ともども約5000人が参列して「御霊安かれ!」と祈るものであった。しかし、そうした報道とはかけ離れた基地反対に焦点が当てられていたようである。

 ここ数年、かねてNHKが芸能番組化してきたと強く感じてきたが、上述の1週間におけるニュースの取り上げ方を見ても、芸能関係者のニュースの扱い方は、優先順位や時間配分などから見る限り、民放にどんどん近づいている感じである。

 2015年11月10日午後2時から3時間弱にわたり、日本武道館で「今こそ憲法改正を! 1万人大会」が開催され、館内を埋め尽くした。筆者も参加したが、主催者発表で1万1300人であった。

 安倍首相は衆院予算委員会の閉会中審査で参加は叶わなかったが、自民党総裁としてメッセージによる挨拶を行った。

 しかし、次世代の党の中山恭子党首をはじめとした国会議員約30人、「美しい日本の憲法をつくる県民の会」の47都道府県代表と多数の地方議員、その他インドやベトナムからの来賓なども参加した一大イベントであったが、NHKの「ニュースウォッチ9」では一言も触れなかった。

 筆者はJBpressで「憲法改正推進1万人大会を報道しなかったNHK」として疑問を呈すると、翌日NHK広報部から事実誤認という申し入れがあった。

 NHKのクレームはニュースウォッチ9では報道しなかったが、その前のゴールデンタイムに当たる午後6時からの全国ニュースで「憲法改正の賛成派と反対派が集会」として約2分間にわたり放映したというものであった。

 当時は確かに反対派の集会も行われていた。しかし武道館での賛成派の大会は桁違いの規模であった。

 単独にニュースウォッチ9で放映するとあまりにも賛成者の多さを目立たせ、放映しないのは問題であろうという視点から、仕事人のほとんどは見られない6時のニュースで賛成派・反対派を抱き合わせで放映したとしか思えなかった。

 果して、政治的な公平と言えるのか、大きな疑問が残った。

20年前と変わらないNHK批判

 月刊誌『正論』では、「NHK報道を考える会」代表(当時)の中村粲氏が、平成6年7月号から平成8年6月号まで「電波は歪む―NHKウォッチング」を掲載していた。

 その後1年間中断するが、平成9年6月号から「NHKウォッチング」のタイトルで再開される。

 第1回の冒頭は「闘争再開―蟷螂の弁」となっており、「本欄を書くのはかなりしんどい仕事なのであるが、いやしくも言論界の末席を汚すからには、偏向報道の牙城NHK批判の急先鋒を仰せつかったことは身に余る光栄と申すべく、(中略)昨年本欄が姿を消してから、NHKは最早怖いものなしとばかり、BSからラジオに至るまでなり振り構はず反日報道に狂奔してきたが・・・」となっている。

 この論文の小見出しをみると、「茶番で決まるNHK予算」「左翼の言論妨害は伝えず」「岐阜放送局の偏向と不道徳」「教科書問題で世論操作」などとなっている。今日にも通じる報道姿勢の追及である。

 今はメディア報道研究政策センター理事の本間一誠氏にバトンタッチされ、「NHK殿 一筆啓誅」のタイトルで続いており、60回を超えている。

 2年前の『正論』2015年9月号の小見出しは「止まらないNHK関連職員の不祥事」「『慰霊の日』報道の悪質な印象操作」「放送法4条は全く空文になっている」「いよいよ全面展開の反安倍シフト」などである。

 批判の対象は時代とともに変わるが、NHKが批判される点は、世論(印象)操作的手法、性懲りなく続く不祥事、左翼的言辞に鷹揚な姿勢など、20年前と変わっていないようである。

 今年の「慰霊の日」報道でも、慰霊祭に約5000人が参加して整斉と行われたこと、また、米軍基地返還が着実に進んでいることや辺野古基地を受け入れる地域住民もいることなどには触れないで、東京からわざわざ出向いたキャスターが海を指さしながら、「(ここが)埋め立てられれば巨大な滑走路ができる」などと報道し、本土と沖縄の壁は高くなっているという感じの誘導インタビューであった。

 南京大虐殺や慰安婦問題などで果敢に発言して会長に就任した籾井勝人会長は、放送法が規定するように対立意見は多角的に論点を明らかにする意欲を見せようとしたのであろうが、参考人招致などで「吊るし上げ」か「魔女狩り」のような立場に立たされ、NHKの宿痾に絡め取られたも同然であった。

おわりに

 中村氏はNHK報道を考える会会員に対して、報道の不公正などを理由に受信料未払い運動を行っていた。

 本間氏は前掲論文の最後を「先日、(受信料)督促の電話がかかった。委託会社の若い女性で放送法4条も知らない。不払ひ理由を諄々と説き、日本のためになる放送をするなら喜んで払ふ旨、上司によく伝へなさい、家に来ても無駄足ですよと話しておいた」と結んでいる。

 両者とも不払いは不本意であり、放送法に則った公正な報道を期待していることがよく分かる。放送法は第1条で「公共の福祉」に資することを掲げている。そのための原則として、放送の不偏不党、真実及び自律の保障による表現の自由、健全な民主主義の発達を掲げている。

 噛み砕いて言えば、日本の歴史や伝統が公正に報道され、今は亡き先人、現在に生きる我々、そして未来を受け継ぐ人々が「日本に誇り」を持てるようにすることであろう。

 国家運営の過程においては是もあり非もあったであろう。そうした総体を公正に報道し、誇れる日本とすることこそが公共放送の使命ではないだろうか。

筆者:森 清勇