[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

モスルの象徴が破壊された

 イラク第2の都市、モスルには様々な呼び名が存在する。

 例えば、「ウンム=ラビーアイン(双春の母)」などは美しい呼び名の1つである。イラクでも比較的標高が高いところに位置するモスルは春のような過ごしやすい気候が年に2度訪れるところからそう名づけられた。

 ほかにも「ハドバーゥ(湾曲した)」という呼び名がある。これはモスルを東西に分けて流れるチグリス川がぐにゃぐにゃと湾曲しているためそう呼ばれるようなった。また異説によるとモスル旧市街地にある大ヌーリー・モスクが擁する「ハドバーゥの塔(斜塔)」にちなんでそう呼ばれるようになったとも言われている。

 このハドバーゥの塔はその名の通り東に向かってやや湾曲する斜塔だ。西からの風に数世紀にわたって晒されたためそうなったとされている。

 その特徴的な姿は現地通貨の1万ディナール紙幣(約900円)にも印刷されており、モスル市民だけでなく、全イラク国民にとっても大変馴染み深いものだ。

 また12世紀に建造されたこのモスクの中で唯一当時の姿をとどめている重要な歴史的建造物でもある。そういうわけで、この斜塔はまさにモスルの象徴だった。しかし、この塔が断食月の真っ只中である6月21日に破壊され、跡形もなくなってしまった。

モスル奪還作戦成功の象徴を失った

斜塔が描かれた1万ディナール紙幣


 この斜塔を擁する大ヌーリー・モスクこそ、奪還作戦を遂行するイラク軍にとっての最重要目的地であり、イラク軍はこのモスクの場所を明瞭に示してくれる斜塔を目印に進軍してきた。

 なぜなら3年前の7月、奇しくも同じ断食月の最中、突如として出現したアブー・バクル・アル=バグダーディーはこのモスクでカリフ国家の樹立を宣言したからだ。

 と言うよりもむしろ、彼がその姿を現した唯一の場所がこのモスクであったため、バグダーディーが現在ここにいようが、いまいが、ここをおいて外にモスル奪還作戦成功の象徴となり得る建物が存在しないからである。

 このモスクが目的地としていかに重要かは、奪還作戦の進捗具合が「このモスクまでどれだけ接近したか」という指標によって計られていたことからも分かる。例えば「3月、モスクまで500メートルに迫る 」、「6月、200メートルにまで迫る 」と、戦況が報道されているように・・・。

モスルを流れるチグリス川


 激戦が続くなか、イラク軍はじわりじわりと慎重にその距離を縮めていき、6月21日の午前の段階では50メートルの距離に迫り、塔を目前に控えていた。その数時間後にはモスクに攻め入るはずだったことも報じられている 。

 しかし、「いざ行かん!」と臨戦体制が敷かれた矢先、これまで目指していた塔がドロンと消え去ってしまった。前線の兵士は唖然としたかもしれない。

 爆破によるこの斜塔の消失は、モスルの歴史的、文化的象徴を失っただけではなく、イラク軍が高らかと旗を掲げる場所、モスル奪還作戦成功の象徴を失ったことも意味する。

 イラク首相ハイダル・アバーディーはこの一件について「イスラム国による正式な敗北宣言だ 」と声明を発した。彼らが手際良く幕引きを図ったようにも見受けられる。

 微に入り細に入り象徴的な行為を好むイスラム国がその始まりと終わりの場所として大ヌーリー・モスクを選んだのは偶然ではないかもしれない。ちなみに塔が破壊された6月21日は断食月の中でも重要な日、預言者に最初の啓示が下された「みいつの夜」とされていた こともつけ加えておく。

モスル奪還作戦終了後の問題

 既に奪還が完了した地域では国内避難民が戻り、市民生活が戻りつつある。しかし、すべての住人が元通りの生活を送れるわけではない。

 クルド自治区のドホーク県ではイスラム国に参加した容疑で約800人が収監されているという。イスラム国に対する直接的支援を行った者には極刑、間接的支援を行った者、またはSNSでイスラム国を支持した者などについては軽くて5年の懲役が課されているという。

 なかには12歳の息子が4か月間イスラム国に加入した罪を問われ、法廷に立たされた父親のケースも報告されている 。このように身内からイスラム国の構成員を出した家族に対する対応が気になる。

 モスル法務協議会は6月20日、イスラム国構成員を輩出した家族らに対し、彼らが適切な社会性を取り戻したと判断されるまで、街から追放し郊外のキャンプで生活させる決定を下した。

 この決定はイスラム国の構成員を出してしまった家族を矯正させる目的もあるが、モスル近郊のハンマーム・アリール地区やガイヤーラ地区などで、住人たちからこれらの家族たちに対する私刑による報復行為が頻発しており、彼らが被害に遭わないようにするためであるとしている。

 現在も同地区では72家族が地域住人から1週間以内にそこから立ち退くように脅されていると報告されている 。

斜塔ハドバーゥ


イラク中央政府とクルド自治政府の問題再燃

 イスラム国との闘争の終結を目前に控え、クルドでは新たな動きが起きている。

 クルド自治政府はクルド自治区のイラクからの独立の是非を問う住民投票を今年9月に実施する発表を行った。

 もともとイラクにはイラク全体を統括する中央政府とクルド人自治区を収めるクルド自治政府が存在し、双方の間で資源や領土を巡り対立が続いている。

 イラクにイスラム国が出現するほんの数か月前の2014年2月、当時のイラク首相ヌーリー・マーリキーはクルド政府が自治区内で採掘される石油歳入をイラク中央政府に申告しないことを理由に、本来クルド政府に支払われるはずであった予算を大幅に削減した。

 この時、クルド自治区大統領マスウード・バルザーニーは「クルド人民に対する戦争だ」と激しく非難し、双方の間で緊張が高まった。

 だが、この少し後の同年6月イスラム国の出現によって双方は一時的に手打ちする。イスラム国討伐を優先課題とし、いやいやながらも軍事協力を行うことになった。

 しかしながら、この大幅な予算カットは対イスラム国戦争中も継続され、クルド自治区は深刻な財政危機に陥ることになる。

 クルド自治政府は自治政府公務員への給与支払いに困窮し、給与の15%から75%を職員の地位に応じて「一時預かり」するという苛烈な緊縮政策を現在に至るまで強いられている。

 例えば、現在私たちが国内避難民に医療サービスを提供するために共同している公的医療施設の責任者にはかつて月に1200ドルが支払われていたが、現在は400ドルへと大幅に減額された。

 クルド自治区は対イスラム国のための戦費増大以上に中央政府による予算削減によって大きな打撃を被ったと言えるかもしれない。ちなみに、この緊縮政策が一因でクルド自治区の貧困率が2014年の3.5%から2016年には12.5%にまで急上昇したとも報じられている 。

 中央政府と協力してイスラム国討伐を進めている間もクルド自治政府バルザーニー大統領はイラク中央政府に対する不信感を表明していた。

 完全に奪還作戦が完了する前に住民投票の実施を表明したことは、イスラム国との戦争の間保留されていた内政問題から自国民の目を反らせようとする目的もあるかもしれないが、対イスラム国という覆いがなくなった途端、イラク中央政府に対する怒りが噴出した結果と言えるかもしれない。

象徴としての大ヌーリー・モスク

 ところで、もう一度大ヌーリー・モスクに話を戻したい。このモスクは上述したように12世紀に建造された歴史の古いものだ。

 調べてみたところ、当時、人口が増大するモスルで、礼拝所不足の問題を解決するためにザンキー朝の第二君主ヌールッディーン・ザンキーによって建造された。彼はその治世下において様々な行政改革に尽力したり、最初に十字軍との戦闘の基盤を作った王として知られ、「公正王」や「イスラムの獅子」などと呼ばれた。

ヌールッディーン・ザンキー


 また彼の治世下においてその領域は現在のイラクとシリアにまで及んだ。イスラム国がこのモスクを選んだのは、自分たちをヌールッディーンに姿を重ねたからかもしれない。

 ちなみに、十字軍との戦争で最も有名、かつ英雄とされるアイユーブ朝のサラーフッディーンはこのヌールッディーンに仕えていた。

 後にサラーフディーンはヌールッディーンと袂を分かつが、自ら王朝を打ち立てて彼の事業を継承していくことになる。ちなみにサラーフッディーンはイラク、ティクリート出身のクルド人である。

 対イスラム国戦争後のイラクはクルドの独立問題で揺れる。もちろん偶然ではあるが、こうした現在の状況がヌールッディーンの後にクルド人の英雄サラーフッディーンが台頭していった歴史に重なっているように思えてくる。

 どこまでイスラム国が計算したうえでその行為の中に歴史的意義を織り込んだり、もしくは象徴的行為を行っているのかはよく分からない。しかし、これまでも彼らがそうした演出に非常に長けていることはこれまでも指摘されている。この点、引き続き注目していきたい。

筆者:加藤 丈典