“職場でノンアルビール”はありかなしか

写真拡大

職場でノンアルを飲んで出社停止を命じられた女性

 健康志向の高まりや飲酒運転の厳罰化などによって、ノンアルコールビールの需要が増加している。アルコールが入っていないのにもかかわらず、 お酒を飲んでいる雰囲気を味わえるノンアルコールビールなら、たとえ車を運転して来ても飲み会を楽しめる。後のことを考えずに、グイッと一杯いけるのがノンアルコールビールの人気の秘訣だ。

 しかし、いくら気軽に楽しめるといっても限度があるようだ。6月14日、ヨミウリオンラインの「発言小町」に投稿された「休憩時間にノンアルコールビール 会社を休まされました」という質問が物議を醸した。自他ともに認めるお酒好きである投稿者の女性(30代半ばのOL)が、仕事の休憩時間に職場でノンアルコールビールを飲んでいたところ、上司に1時間も注意された挙句、会社を休むように命じられ反省文を書かされたというのだ。

 投稿に寄せられたコメントは、女性に対して批判的なものが多く、社会人としての常識を問うものだった。ところで、なぜ“職場でノンアルビール”は御法度なのだろうか。

 “職場でノンアルビール問題”が議論になったのは、今回が初めてではない。また、並行して“未成年にノンアルビール問題”も議論されることが多く、これについては各メーカーとも「法的に問題はないが推奨はしない」という立場を取っているようである。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)