第30期竜王戦決勝トーナメント一回戦 増田康宏四段との対局に勝利し連勝記録を29連勝に伸ばした藤井聡太四段。対局終了後記者会見を行った Photo:日刊現代/アフロ

写真拡大

プロ将棋界の連勝記録をいきなり更新

 最年少プロ棋士の記録を塗り替えた藤井聡太四段が、プロ将棋界の連勝記録を塗り替えた。

 これまでの記録は、神谷広志八段が持っていた28連勝だったが、6月26日に行われた増田康宏四段(現在19歳。16歳でプロ入りし、通算勝率7割を超える若手強豪)を相手に、竜王戦決勝トーナメントの対局で勝利して記録を29連勝に更新した。

 しかも、これは「プロデビュー以来」という信じられない状況での連勝記録であり、現在継続中だ。

 ちなみに七冠(将棋界のメジャーなタイトル全て)を制覇した羽生善治氏の最長連勝記録ですら22連勝であり、29連勝とは途方もない記録だ。

 ただし、藤井四段がここまでに当たって来た多くの相手は、現時点で超一流クラスには位置していない相手が多いので、羽生氏、その他の一流棋士たちと、どちらの価値が高いかは単純ではない。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)