社史「クラシエ10年の歩み」には旧カネボウを愛した社員の汗と涙が詰まっている Photo by Masataka Tsuchimoto

写真拡大

「朝刊を見てびっくりということが多かった。会社は大丈夫なのか。とても不安な毎日だった」(40代社員)

 120年続いた旧カネボウから社名変更して7月で10周年のクラシエホールディングスが社史を発行した。その内容に「よくぞ書いた」と社内外が驚嘆、業界で話題になっている。冒頭のように、旧カネボウ破綻の経緯が社内視点から赤裸々に語られているのだ。

 旧カネボウは2003年11月、中間期で629億円の債務超過に陥ったと発表。その後、産業再生機構に支援要請、粉飾決算公表、上場廃止、元取締役逮捕など、激動の4年を送った末に07年、クラシエとして再スタートした。

 社史には当時の社員の思いが随所にコラムとしてちりばめられている。

 50代社員は化粧品事業(現花王傘下のカネボウ化粧品)の分離で「(大黒柱を失い)このときのショックは計り知れない」と述懐。40代社員は毎回混乱した株主総会を振り返り、「何とか会社を守るという思いだけで仕事をこなしていた」と記す。

 別の40代社員は、「社外で『カネボウ』と名乗りにくいこともあった。家族も嫌な思いをしているのかと考えると、つらかった」とつづっている。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)