Appleが、iPhoneやApple Watchで収集したデータを利用して、各ユーザーが快適な睡眠を得るための技術に関する特許を取得したことがわかりました。

就寝前の習慣に着目

米国特許商標庁(USPTO)が現地時間6月27日に公開した文書によると、Appleが取得した特許「Adjusting alarms based on sleep onset latency(睡眠導入時間に基づくアラーム調整)」は、ユーザーから収集したデータによって、快適な睡眠を得られる手助けをしたり、目覚ましを自動調整したりする方法に関するものです。
 
人は一般に、トイレに行く、歯を磨く、あるいはスマートフォンをチェックするなど、寝る前の「習慣」を持つものです。Appleはこうした習慣がその後に続く睡眠に与える影響に着目しました。
 
Appleは、iPhoneやApple Watchが搭載する心拍数センサー、加速度計、マイクなどを使って、ユーザーの睡眠前の習慣とそれに費やす時間を測定。さらにベッドに入ってから実際に眠りに就くまでの時間と睡眠時間を測り、睡眠前の習慣がその後の睡眠に与える影響を分析するとしています。

睡眠時間に合わせて目覚まし時間を自動調整


 
またなかなか寝付けなかった場合、ユーザーがセットした目覚まし時間を自動的に遅らせ、十分な睡眠時間が取れるようにする機能も提案しています。
 
ただしこの機能には、遅刻するというリスクが伴います。そのためAppleの特許には、カレンダーの予定を読み込み、目覚ましの時間を変更しない機能も記載されています。たとえば7時半に予定が入っている場合、前の晩によく眠れなくても目覚ましの時間は7時のままで自動調整されません。
 
またこの特許では、昼寝のスケジュールを設定する機能も説明されています。
 
今回の睡眠トラッキング関連特許には、Appleが今年5月に買収したBedditが関連しているのではないかとも指摘されています。
 
 
Source:AppleInsider
(lunatic)