「グルメの都」と呼ばれる四川省成都市には、様々な「深夜食堂」がある。「成都版深夜食堂」は、基本的に朝まで営業している。

写真拡大

「グルメの都」と呼ばれる四川省成都市には、様々な「深夜食堂」がある。「成都版深夜食堂」は、基本的に朝まで営業している。しかし深夜になって訪れる客は、観光客ではなく、そのほとんどが同市で仕事をしていたり、暮らしている地元民だ。四川日報が伝えた。

【その他の写真】

町のいたる路地の中に店を構える簡易な屋台にしても、料理の味は絶品で、作り方にもこだわりのある「深夜食堂」が多く、四川の人々の暮らしへの熱意が溢れ出ている。(提供/人民網日本語版・編集TK)