マリー・アントワネットの世界に浸れるデザートビュッフェ

写真拡大 (全4枚)

今なお世界中の女性を魅了するフランスの王妃マリー・アントワネットの結婚をテーマにしたデザートフェアが、ヒルトン東京1階「マーブルラウンジ」にて、2017年7月1日(土)から9月30日(土)まで開催されます。
ロイヤル・ウェディングの華やかな世界観
マリー・アントワネットといえば、思い浮かぶのは、絵本の中に登場するような豪華できらびやかな「お姫さま」のイメージ。その姿を体現するかのようにつくられたデザートは、ピンクやパステルカラーで彩られたスイートでキュートなものばかり。16世紀に行なわれたマリー・アントワネットとルイ16世の結婚式に本当に迷い込んだかのように、美しい世界を堪能できます。

そんな世界をリアルに味わうため、創業1672年のフランスの老舗紅茶ブランドであるニナス・マリー・アントワネットも一役買っています。今回のフェアは、二ナスとのコラボレーションで、二ナスはヴェルサイユ「王の菜園」のオフィシャルパートナー。「王の菜園」で実る、希少な果実やアロマから、気高いフレーバーティーを生み出しています。

そして、これらのスイーツをつくるのは、フランスの製菓コンクール「ルレデセールシャルルプルースト杯」で入賞を果たすなどの実力派であるエグゼクティブペストリーシェフ 播田修。バラの風味のメレンゲにラズベリーとローズクリームをあえ、バラの花びらを散りばめたムラング・シャンティ「フランスの薔薇」、ラベンダーの花から香りを抽出したカシスソースとカスタードクリームの入った、花嫁の帽子風アレンジのシュー「ルリジューズ」、マリー・アントワネットが実際に好んだと言われるケーキを忠実に再現した、ピンクのシュガークラフトをまとう「マリー・アントワネット アンティークケーキ」など、全30種類が楽しめます。

見目麗しい甘くゴージャスな世界を、味わってみてはいかがですか?

[「マリー・アントワネットの結婚」デザートフェア]
会場:ヒルトン東京1階「マーブルラウンジ」 期間:2017年7月1日(土)〜9月30日(土)時間:14:30〜17:30料金:大人 3,800円 / 小人(4〜12歳)2,400円、土・日・祝 大人 3,920円 / 小人(4〜12歳)2,450円※税サ別、コーヒー又は紅茶付き※予約はホームページでの受付のみ