まず理解していただきたいのが、美人だから、可愛いからナンパされるわけではないということ。

ナンパ男の“する”“しない”の判断基準は、もっと別のところに隠されているのです。


出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、男にナンパされやすい女の特徴をご紹介しましょう。

 

■身だしなみ

露出度の高い服装などがナンパされやすいという傾向がありますが、実は露出度がそこまで高くなくても声をかけられやすい女性はいます。

その見極め方としてあげられるのが、身だしなみ。

服がヨレヨレだったり、シワが目立ったり、靴の汚れが多い人など、だらしなさが目に見えてわかる女性は、どのような服装であれナンパされやすいといえます。

反対に、しっかりとした身だしなみや露出が少ない格好の女性は、ナンパされにくいといえるでしょう。

 

■表情

あなたはムスッとしている人に声をかけることができますか?

多分、誰でも、声をかけなくてもいいのなら、進んでかけようとは思わないはず。

これはナンパでもいえること。

表情が和やかで親しみやすい印象を持った女性には声をかけやすく、仏頂面をしている人には声をかけにくいといえます。

ナンパをされたいか、されたくないのか、その気分にあわせて表情を変えてみるのもいいかもしれませんね。

 

■気の強さ

見るからに気の弱そうな女性。おどおど、きょろきょろ……。どこか目線が下向き加減でネガティブなイメージ。

このような特徴をもった女性はナンパされやすいといえます。

なぜなら、誘わることに対して断ることが苦手、ふらふらとついていってしまう傾向があるからです。

一方、気が強そうで、しっかり目的に向かって歩き進む女性は、ナンパされにくいといえるでしょう。

 

■歩くスピード

ナンパをする男は、女性の歩くスピードをよーく見ています。

なぜなら、歩く速度が早い女性は用事がある人。反対に歩くのが遅いのは、時間がある証拠として考えることができるから。

つまり、断られる確率の高い用事がある人に対して、わざわざナンパはしないのです。

出来るだけゆっくり歩き、どこか暇そうな雰囲気を醸し出せば、すぐにナンパされてしまうでしょう。

 

いかがでしたか? ナンパ“する”“しない”に、ルックスが重視されていないということが分かっていただけたと思います。

ナンパされたい人、そうでない人、それはそのときの気分次第かもしれませんが、今回ご紹介した内容を上手く活用すれば、あなたの気持ちに応えられると思いますよ。(恋の占い師 そら)

【画像】

※ Antonio Guillem/shutterstock

【関連記事】

※ ビーチボーイにナンパされて…真夏の「エロくて切ない」アバンチュール3つ

※ ワイキキビーチで…男性500人に「ひと夏の恋」体験談を聞いてみた

※ 失恋後の立ち直り方は?【生年月日占い】

※ いつまでも愛され続ける秘訣!「甘え上手」な女になるテクニック

※ 既読スルーも気にしない!「忙しい彼」とムリなくLINEを続けるコツ

※ ムラムラしちゃう!彼氏を「エッチな気分」にさせるLINEテク