【詳細】他の写真はこちら

もはやガスストーブ要らず。

キャンプや登山での楽しみといえば、携帯ガスストーブとポットでコーヒーを淹れるひととき。なんて人も多いでしょう。でも携帯タイプとはいえ、ガスストーブだって決して小さくはありません。そんなアウトドアでの荷物削減に役立ちそうなのが、お湯を沸かせる水筒『Cauldryn』です。

秘密はボトル底の機構にあり





この水筒はステンレススチール製のボトル部分と、加熱機構を備えた本体下部パーツの2つで構成されていて、ボトル内の液体を加熱できる仕組みを採用。温度設定は「熱い、とても熱い、コーヒー/紅茶用、熱湯」から選べるので、飲み物に合わせて温めることができるんです。バッテリーを内蔵で屋外利用も可能な『Cauldryn Fyre Mobile』と、バッテリー非搭載の『Cauldryn Fyre』、2種類のラインアップが用意されており、『Cauldryn Fyre Mobile』は満充電状態なら水を2回沸騰できるんだとか。いずれもAC電源やDC電源に接続すれば、沸かし続けられるそうですよ。なお、重量は両モデル共に約450gとのこと。

もちろん保温機能も搭載





ボトル部分は真空の魔法瓶仕様となっており、中身の温度を保てる仕様。キャンプだけでなく普段のお仕事中でも、自分のデスクでドリンクを温めてそのまま一日中適温に保つ……なんて使い方ができそうですね。

現在、『Cauldryn』は現在製品化に向けて開発が進められており、公式Webサイトでメールアドレスを登録しておけば、今後配信される最新情報を入手できます。このボトルとコップ、それにティーバッグをアウトドアに持ち出して、気軽なティータイムと洒落込んでみたいものです。

文/塚本直樹

関連サイト



『Cauldryn』製品情報ページ(英語)