27日、韓国陸上短距離の「看板スター」「絶対王者」などと呼ばれるキム・グクヨン(26)が100メートル10秒07という韓国新記録をたたき出し、8月に英国ロンドンで開かれる世界選手権の出場権を獲得した。資料写真。

写真拡大

2017年6月27日、韓国陸上短距離の「看板スター」「絶対王者」などと呼ばれるキム・グクヨン(26)が100メートル10秒07という韓国新記録をたたき出し、8月に英国ロンドンで開かれる世界選手権の参加標準記録(10秒12)を突破、同大会の出場権を獲得した。日本では26日、世界選手権の男子100メートル代表にサニブラウン・ハキーム、多田修平、ケンブリッジ飛鳥の3人が選ばれており、世界の舞台で日韓対決が行われることになる。

キムは27日、江原道(カンウォンド)の旌善(チョルソン)総合競技場で行われたコリアオープン国際陸上競技大会の男子100メートル決勝で10秒07をマーク、自らが持っていた韓国記録を0.06秒縮めた。25日には同会場で開催されたKBS杯全国陸上競技大会で10秒13を出し、韓国新を更新したばかりだった。

キムは2010年6月の韓国選手権で10秒31をマーク、1979年の夏季ユニバーシアード(メキシコ)でソ・マルグが出した10秒34の韓国記録を31年ぶりに塗り替え、韓国短距離界の期待の星として一躍注目された。

今回初めて韓国記録が10秒0台に入ったことを受け、韓国では早くも「韓国初の9秒台も近いか」といった報道も出ている。また、聯合ニュースなどによると、キム自身もこの日のレース後、「いつでも僕の目標は9秒台進出だ。今日も目標は9秒台だった」「2018年のジャカルタ・アジア競技大会では必ず9秒台に入る」と語ったという。

こうした報道に、韓国のネットユーザーからは「9秒台に向かってファイト」「そのうち9秒台が出るね」「9秒台期待してます。ウサイン・ボルトみたいにストライドが大きければ十分可能だろうけど…とにかくおめでとう」など、期待や祝福の声が多数寄せられている。

また「大物がまた一人出たね」「この短距離不毛の地で…」と感心するコメントや、「ドーピングは絶対にやらないで。今でも十分立派だから」「こういう選手にこそ国からの報奨が必要だと思う」「100メートルで韓国新記録を出したら賞金あげたりしないの?」といったコメントもあった。(翻訳・編集/吉金)