ケヴィン・ベーコン

写真拡大

『ザ・フォロイング』、『ミスティック・リバー』、そして最近ではAmazonオリジナルドラマ『アイ・ラブ・ディック』などに出演するケヴィン・ベーコンが、自身主演映画のTVシリーズ版に出演することが分かった。米Varietyなどが報じている。

米Syfyがパイロット版を製作するのはケヴィンが1989年に主演したモンスター映画『トレマーズ』のリブート版。ケヴィンは主演だけでなく、製作総指揮としても関わる。ネバダ州の砂漠地帯にある小さな田舎町パーフェクションに突然現れた未知の生物グラボイド。地中を自由自在に移動し、人々を襲う巨大な蛇状モンスターと住民の攻防が繰り広げられるパニックホラー映画だ。ケヴィンが主演した第1作目が大ヒットとなり、その後メキシコや南アフリカなどに舞台を変え5作品が製作されている。

このシリーズ版は、第1作目のその後を描いたものになるそうで、25年の月日を経てパーフェクションにあのモンスターが再び戻ってくる。人々は、当時グラボイドとの戦いで勝利を収めた"ヴァル"ことヴァレンタイン・マッキー(ケヴィン)に助けを求めようとするが、ヴァルは年齢と共に体力が衰えており、アルコール中毒でもある。さらに当時のヒーローコンプレックスを抱えていて、モンスター退治にすぐ応戦できる状態ではない...という設定。

「(『トレマーズ』の)ヴァルだけが、もう1度演じたいと思っていたキャラクターなんだ。25年経ってどうしているかって考えていたんだよ。(ショーランナーでクリエイターの)アンドリュー・ミラー(『シークレット・サークル』)のアイデアが素晴らしかったんだ。映画のファンも今まで見たことない人たちにも十分楽しんで、そして怖がってもらえる作品になると思うよ。グラボイドをやっつけるぞ!」と意気込みを表したケヴィン。どうやら同作にはとても思い入れがあったよう。

実は『トレマーズ』のTVシリーズ化は今回が初めてではない。2003年に同局Syfy(当時はSci-Fi Channelと呼ばれていた)で『トレマーズ・ザ・シリーズ』が製作されたが13話のみで打ち切りとなっていた。映画版のケヴィンが関わることになる新シリーズは、映画と同じく息の長い番組になるかどうか、今から楽しみだ。(海外ドラマNAVI)