ベルギーの首都ブリュッセルで、グーグルのオフィスに掲げられた同社のロゴ(2014年2月5日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】欧州連合(EU)は27日、独占禁止法違反で米グーグル(Google)に約24億ユーロ(約3000億円)という過去最高額の罰金を科すと発表した。グーグルにとって新たに大きな痛手となるとともに、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領を激怒させる一因となりそうだ。

 声明では「欧州委員会(European Commission)はグーグルに対し、EUの独占禁止法に違反したことで24億2000万ユーロ(約3040億円)の罰金を科した」と述べている。さらにグーグルが、世界最大の検索エンジンとしての市場優位性を乱用し、傘下のショッピングサービスに不正な利益を与えたとしている。
【翻訳編集】AFPBB News