6月24日に公開を控える映画『ラオス 竜の奇跡』。

本作は、1960年に実際にラオスで起きた日本人技師の不慮の事故を題材にした映画で、現代のラオスの少女・ノイが過去にタイムスリップし、上雄太が演じる日本人青年・川井と出会うという、時空を超えたネイチャーファンタジー。

ラオスの美しい大自然を舞台に“人を思いやる優しさ”を感じさせる作品となっています。

今回Noshでは、本作で主演を務めた俳優の井上雄太さんに単独インタビューを実施しました!

笑顔が爽やかな井上さん。最近ではドコモのCMにも出演し、人気も注目も急上昇中の俳優さんです。

Q:映画の見どころは?

井上雄太(以下、井上):風景、音楽、僕達のお芝居などからラオスの魅力を感じていただける作品になっているので、まず1つはラオスという国を知っていただきたいなと思います。

もう一つの見どころは、僕が演じた川井という青年を通して見ていただくと、仕事をしてラオスを発展させるという本当に素直な気持ち、その青年が成長していく様を感じられる作品なので、映画を観た後に「観てよかったな。なんか前向きになれたな」と思っていただけたらいいなと思います。

Q:ラオスの魅力は?

井上:人がすごく温かい。危ないこともないし、そういう意味では生活しやすい。旅行とかも行きやすい国だと思います。

あとは、ご飯が美味しいです。もち米が主食なんですけど、カオニャオというのがあって、何にでも合う。すごく美味しいです。そればかり食べて太りそうになりました。

Q:ラオスでの撮影エピソードを教えてください

井上:夜のロケで撮っている時にパッと上を見たら、めちゃくちゃ星空が広がっているんですよ。日本で僕も田舎育ちなんですけど、なかなか見たことがないくらい一面が星空で、めっちゃテンション上がりました。

それで「うわー!すげー!すげー!」って他の役者さんたちに言ったけど、みんなはそれが普通だから「川井どうした?」みたいなテンションで(笑)。テンションの落差が発生していたのを覚えていますね。

Q:映画内のセリフは9割がラオス語。苦労しましたか?

井上:お芝居するとなると、相手の言葉もちゃんと感じないといけないので、チャレンジングだったなとは思います。

Q:今回“時空を超える”というのが1つのテーマですが、もし井上さんが時空を超えられるとしたら、どの時代に行きたいですか?

井上:面白い質問ですね! どこに行きたいかなぁ。僕は過去に行きたいかな。

戦国時代に行って、あれだけみんなから「すごい人だ!」と言われていて、誰もが知っている織田信長に会ってみたいですね。いろいろと語られているけど、実際はどんな人だったのかみんな知らないわけで……そういうのを確かめに行きたいですね!

 

映画『ラオス 竜の奇跡』は6月24日より有楽町スバル座ほか全国順次公開です。

【関連記事】

※ ディーン・フジオカ、プロポーズは「勢いで…」

※ 伊藤英明が告白「やめようと思った」野村周平のイジリも炸裂!

※ 本物・藤原竜也が自称・藤原竜也と対峙!?

※ 渡辺直美主演「カンナさーん!」夫役に要潤の出演が決定

※ 玉山鉄二「本当に割に合わない」ギャラ事情にボヤキ節