f(x) ルナ、ミュージカル「レベッカ」にキャスティング“女優としての可能性と姿勢を高く評価”

写真拡大

f(x) のメンバールナがミュージカル「レベッカ」にキャスティングされた。

ルナはミュージカル「レベッカ」に出演し、劇中で元妻のレベッカの死によるトラウマで苦しむマクシムと恋に落ち、心の傷を乗り越えられるようサポートする純粋で繊細な女性“わたし(I)”役に扮し、熱演を繰り広げる予定だ。

ルナはf(x) の活動だけでなく、初のソロアルバム「Free Somebody」を発売し、ソロ歌手としての能力も認められた。そして「キューティ・ブロンド」「コヨーテ・アグリー」「ハイスクール・ミュージカル」「イン・ザ・ハイツ」など多数のミュージカルに出演し、優れた歌唱力と安定した演技力で好評を博し、今回の作品を通じて見せてくれる新しい姿に期待が集まっている。

「レベッカ」は2013年に韓国で上演された際、原作者であるミヒャエル・クンツェとシルヴェスター・リーヴァイから「韓国の舞台が世界最高だ」と絶賛を受け、シーズンごとに平均客席占有率9割以上を達成するなど、興行性を証明している。今年の「レベッカ」にはルナをはじめ、ミン・ヨンギ、チョン・ソンファ、オム・ギジュン、ソン・チャンウィ、キム・ソニョン、シン・ヨンスク、オク・ジュヒョン、キム・グムナ、イ・ジへなど多数のミュージカルスターが出演し、豪華なキャストで観客の胸をときめかせる。

「レベッカ」のクォン・ウナ協力演出は、ルナのキャスティングについて「『わたし(I)』という役は俳優の演技によって公演の流れが左右され、歌もとても大変でいつもキャスティングに苦心したが、オーディションに臨む姿勢から歌の実力、即興劇の実力までルナがオーディションで見せてくれた姿を見てとても驚いた」と話し、「ルナは、すでに多数のミュージカル作品を経験したことがあるので女優としての可能性と姿勢を高く評価し、審査委員の全員の意見が一致し『わたし』役にキャスティングした」と説明し、ミュージカル女優としてルナが見せてくれる活躍への期待を高めた。

「レベッカ」は8月10日から11月12日までソウル龍山(ヨンサン) 区漢南洞(ハンナムドン) ブルースクエアサムソンカードホールにて上演される。