UVERworld、新アルバム『TYCOON』詳細発表 映画『銀魂』主題歌はじめ全18曲収録

写真拡大

 UVERworldの最新アルバム『TYCOON』の収録曲が発表された。

参考:YUKI、KREVA、UVERworld、10-FEET、EXILE ÜSAに見る理想的なキャリアの重ね方

 8月2日に発売される同アルバムには、7月12日に発売される映画『銀魂』の主題歌「DECIDE」をはじめ、TVアニメ『青の祓魔師 京都不浄王篇』(MBSほか)のオープニングテーマ曲「一滴の影響」、『MIDNITE テレビシリーズ』(日本テレビ系)のエンディングテーマ曲「Q.E.D.」など、総収録時間78分59秒、全18曲が収録されている。

 また、6月26日に行われた札幌ペニーレーン24でのライブを皮切りに、ライブツアー『GROVEST GIG〜toward IDEAL REALITY〜』がスタート。初日に札幌を選んだ理由についてボーカルのTAKUYA∞は、「北海道で合宿して制作した新曲たちをまず最初に北海道のみんなに届けたかった」と語っている。

 新アルバムの収録曲を中心に行われた同ライブ。ライブ終了後にメンバーは、「最高のツアー初日迎えられました! またホールツアー、フェスで帰ってくる!」とコメントした。ライブハウスツアー後には、ホールツアー、そして11月からはアリーナツアーも開催される予定だ。(リアルサウンド編集部)