画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日本銀行は6月27日、2017年1〜3月期の資金循環統計(速報)を発表した。それによると、2017年3月末時点の家計が保有する金融資産の残高は前年同月末比2.7%増の1,809兆円となり、年度末としては過去最高を更新した。

○「現金・預金」は過去最大の伸び

家計の金融資産残高の内訳をみると、「現金・預金」は同2.3%増の932兆円で伸び率は過去最大、「保険・年金・定型保証」は同1.0%増の522兆円、「株式等」は同7.9%増の181兆円、「投資信託」は同7.2%増の99兆円、「債務証券」は同3.6%減の25兆円となった。

一方、家計の負債は318兆円と17四半期連続で増加し、このうち借入が296兆円を占めた。

民間企業の金融資産残高は同6.9%増の1,153兆円と過去最高を更新。内訳は、「株式等」が同12.5%増の349兆円、「現金・預金」が同5.1%増の255兆円と、いずれも過去最高を記録した。

日本国債の発行残高は同0.3%増の1,083兆円。保有者の内訳は、日本銀行(中央銀行)が同17.3%増の427兆円で、保有者全体に占める割合は過去最高の39.5%、国内銀行など預金取扱機関は同16.8%減の202兆円で、保有割合は過去最低の18.7%、海外投資家は同5.5%増の116兆円で、保有割合は過去最高の10.8%だった。