ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】

写真拡大

世界ランク4位に転落…7年ぶりとなる全英オープン前の芝大会参戦

 男子テニスのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は2009年以降、自己ワーストとなる世界ランキング4位に落ち、7月開幕のウィンブルドンが復権への正念場となる。前哨戦としてワイルドカードでエイゴン国際イーストボーンに緊急参戦する。1月のカタール・オープンで優勝後、タイトルから遠ざかっている現状について、「不振に陥っている」と語った。英公共放送「BBC」が報じている。

 元世界NO1はキャリア最大のスランプに直面している。今年は史上最多6度の優勝を誇る全豪オープンでまさかの2回戦敗退を喫すると、アンドレ・アガシ氏を臨時コーチとして迎えた全仏オープンでは、準々決勝でドミニク・ティエム(オーストリア)に敗戦。この結果によってアンディ・マレー(英国)に譲った世界1位の再奪取どころか、約6年3か月ぶりに2位から順位を下げ、4位に“転落”を経験した。

 全英オープン前に芝の大会を戦うのは2010年以来となるが、ジョコビッチは「この7、8カ月、何の大きな大会も優勝できていない。これは初めての経験だ」と話し、「不振に陥っている」と思うようなプレーができていないことを認めたという。

「プロテニス生活を始めてから、このような状況は全く経験したことがない。結果や試合が向上しているのを感じられたことは、幸運なことだったと思う」

アガシとのコンビで復活誓う「毎日アンドレと共に学んでいる」

 近年、世界NO1として君臨しながら、タイトルから見放される大会が続いた。しかし、全仏オープンからタッグを組むテニス界のレジェンド・アガシ氏に師事することで、充実した日々を過ごしているようだ。ジョコビッチも「彼は素晴らしい人間だよ。毎日アンドレと共に学んでる」とコメントしている。

 アガシ氏も現役時代に不振を乗り越え、世界トップレベルに舞い戻った経緯がある。記事によれば、ジョコビッチは「彼が周囲にいてくれることは、自分自身にとってだけでなく、ツアー全体、テニス界、そしてすべての人にとって利益となるのは明らかだ」と“アガシ効果”について語っているという。

 エイゴン国際イーストボーンをステップに、通算4度目となるウィンブルドン制覇を見据えるジョコビッチ。世界NO1プレーヤーへの復活の道は、2回戦のバセク・ポシュピシル(カナダ)戦から始まる。