心がポキっと…。女子に言われて傷ついた言葉5選

写真拡大



「そんなことで傷つくの!?」とびっくりしてしまうような些細な一言のつもりだったのに、男子を傷つけてしまった……という経験がある女子もいるのではないでしょうか? いつも堂々としてて豪快な男子だって、心はデリケートだったりします。そこで今回は女子に言われて傷ついた言葉を紹介。平気な顔をしている男子も、人知れず心で泣いているかもしれませんよ。

■マスクしてるとイケメンだよね

「花粉症でマスクしてたら『〇〇くんってマスクしてたらイケメンだよね!』って、遠まわしでマスクなしの顔はイマイチと言われたこと」(30歳/証券)

マスクって目しか出てないから、目がキレイな人の場合マスクのおかげでひときわキレイさ目立ちますよね!! 「マスクしてたら」の「してたら」って部分が男子的には傷ついちゃうので、「目がキレイだね」くらいにしておきましょう。

■しつこい、俺通信いらないから

「好きな子に既読スルーされてもめげずに定期的にLINEを送ってたら『しつこい、俺通信いらない』と返信が来た…。なんとなくウザがられているかもとは予測していたが、本当にこんなLINEがくると傷つく…。」(29歳/外資)

好きでもない男子からメルマガのように送られてくるLINEにうんざりしている女子もいるかもしれませんが、「しつこい」という言葉は誰でも傷つきます…。変に言葉で刺激してしまうと恨まれる可能性も無きにしも非ず。もう少し柔らかい言い方をしたほうがいいのかも。

■異性として見れない

「みんなで雑談中、前から好きだった女子に『〇〇くんのことは異性として見れなーい』とヘラヘラ笑って言われて地味に傷ついた」(27歳/飲食)

女子としては「いい友達」という意味で「異性として見れない」と言ったのかもしれないけど、男子からしたら「異性として見れない=恋愛対象ではない」と言われたようなものです。とくに好きな子からなら一瞬にして恋心が崩壊します。そうでない女子からでも、「あなたは男として無い」と同然なので、やはり傷つくみたいですね。

■まず痩せなよ

「『彼女欲しいなー』とぼそっと言ったら、『まず痩せなよ!』と強めに言われた」(26歳/営業)

体型を気にしている男子は多いもの。仮に自虐で自分の体型を笑いにしてても、人に言われたらやっぱり傷つきます…。女子としてはアドバイスのつもりで「痩せなよ」と言ったとしても、彼にとってはただの暴言に聞こえてしまうこともあるので要注意です。

■同性の友達いないの?

「LINEのタイムラインにいいね押してくれたり、コメント書き込んでくれるのが女子ばかりで、『同性の友達いないの?』と引き気味で言われたこと」(30歳/IT)

たまにタイムラインのいいねやコメントが異性ばかりの人っていますよね。確かにそれを見てしまうと『同性の友達いないのかな?』とも思いますが、本当に同性の友達がいない場合、この言葉は結構心にぐさっと刺さります。ストレートに言わないほうがいいかもしれません。

■おわりに

言葉って凶器にもなります。傷つけるつもりはなかったのに、しらない間に言葉で傷つけていたとなると、彼も怖がってあなたに近寄ってこなくなることも…。言葉にはぜひ気をつけましょうね。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)