「ノーパンで寝る習慣は父親譲り」シンガーソングライター・コバソロ

写真拡大 (全2枚)

人気シンガーソングライターであり、レコードプロデューサーのコバソロさん。作詞、作曲、編曲、演奏、撮影、動画編集などをすべて一人でこなし、YouTubeチャンネルの登録者数は現在74万人以上にのぼります。メジャーアーティストへの楽曲提供も行うなど、音楽業界でマルチに活躍中。そんな、“深夜までの作業や徹夜仕事は当たり前”という超多忙なコバソロさんですが、2016年にご結婚され、2017年5月には第一子が誕生しました。音楽活動に加えてパパとしての時間も必要になった今、どのように睡眠時間を確保しているのでしょうか?

 

目次

1.仕事場は“ほぼ家”。時間が自由に使える中でも、仕事と睡眠のバランスを管理
2.繁忙期は、一週間で“合計6時間睡眠”のときも
3.子どものころから寝るときはノーパン。父親譲りの快眠法
4.5月から新米パパに! 家族3人の睡眠事情は?

 

仕事場は“ほぼ家”。時間が自由に使える中でも、仕事と睡眠のバランスを管理

仕事場は“ほぼ家”。時間が自由に使える中でも、仕事と睡眠のバランスを管理
──コバソロさんがソロ活動を開始し、YouTubeへの動画アップを始めたのは25歳くらいのころだったそうですが、きっかけは何だったのでしょうか?
 
「25歳って、音楽業界的には若い方じゃないと思うんです。もし活動がうまくいかなくなったときにも裏方として活動できるように、自分を売り込む手段として、編曲した作品や動画の作品をYouTubeへアップし始めました」(コバソロさん)
 
──ソロ活動を開始するまでは、「リトルタートルズ」というデュオで活動していらっしゃいました。当時はどのような生活を送っていたのでしょうか?
 
「いたって健全な生活でしたね。朝起きて、昼間は路上ライブなどの音楽活動をして、夜は家に帰って、ごはんを食べてお風呂に入って12時過ぎには寝る。お酒が苦手なので、夜遊びもせずにまっすぐ帰っていました。そのころは、1日7〜8時間くらいは眠れていたんじゃないでしょうか」(コバソロさん)
 
──規則正しい理想的な生活スタイルですね。では、ソロ活動をされている現在の睡眠事情はいかがですか?
 
「理想は8時間睡眠なんですが、最近は忙しくて思うように睡眠時間がとれないことも増えてきました。睡眠不足のときは、曲作りをしていても、やっぱりテンションが上がらないんです。でも、そこは仕事なので、プロとしてなんとかやり切ります。歌うテンションにならないほど眠くても耳は機能しているので、自分で聞いて納得できるレベルまでは持っていきます」(コバソロさん)
 
──今は仕事のほとんどを自宅で行っていらっしゃるそうですね。仕事も睡眠も自己管理が必要ですが、コンディションを維持するために工夫していることはありますか?
 
「出勤時間や通勤時間がない分、だらけてしまわないように、『とりあえず手をつける』ことを習慣にしています。やる気が出ない日も、朝食を食べたらとりあえずパソコンの電源を入れて作業を始めてみる。しばらく仕事してみて、『やっぱり今日はどうしても眠いな』と思ったら、スケジュールに余裕があるときは、素直に寝るようにしています」(コバソロさん)
 
できるだけ無理をせず、忙しい生活の中でも睡眠と仕事のバランスをとっているコバソロさん。しかし、繁忙期はベッドで眠ることすらできないこともあるのだとか。

繁忙期は、一週間で“合計6時間睡眠”のときも

繁忙期は、一週間で“合計6時間睡眠”のときも
──現在はご自分の曲作りだけでなく、映像、編曲など、さまざまな分野に活動の幅を広げていらっしゃいますよね。繁忙期はどれくらい眠れているのでしょうか。
 
「あまり眠れませんね。一週間で合計6時間睡眠という時期もあったほどです。それも『眠る』というより『気を失う』みたいな感じ(笑)。そのときは、電車の移動中や仕事の合間にソファで目を閉じて15分くらいの仮眠をとっては、30〜40分くらい仕事に集中する時間をもたせる。そんな仮眠を一週間で合計6時間分くらい繰り返して、だましだまし起きていました(コバソロさん)
 
──そんな生活だと、仮眠はとても重要ですね。
 
「そうなんです。しかも僕は偏頭痛持ちで、睡眠不足が続いて疲れていると、偏頭痛の前兆が起こるんです。手足がしびれたり、あくびが出たりする人もいるみたいですけど、僕の場合は、視界の一部がチカチカするような閃輝暗点(せんきあんてん)の症状が出ます。一度偏頭痛の痛みが出るとなかなか治らないので、『ヤバイな』と思ったら、すぐに仮眠をとってやり過ごしています。
忙しいときも、できるだけ夜中の3時ごろには切り上げるようにしているのですが、どうしても夜中に気分がのってきてやめられないときや、締め切りが重なっているときなんかは仮眠がとれない状況に。気づいたら朝で『ああ、空が白んできたな…』ということもあります」(コバソロさん)
 
──普段計画的に仕事を進めていたとしても、締め切りが重なると大変ですね!
 
「どうやら僕は『追い込まれないとやらないタイプ』みたいで、たいてい計画より少しずつ遅れてしまうんですよね…。だから、寝てないときは追い込まれてるときなんです(笑)。追われに追われて徹夜が続いた後は、思いっきり眠ってしまいますね。丸3日徹夜した後に、たまった疲れが一気に出たのか、最長12時間くらい寝たことがあります。
そのときは、2〜3日経ってもだるくて…。疲れが抜けてないのか、眠気が抜けてないのかわからなかったですけど(笑)」(コバソロさん)
 

どうしても睡眠時間を削らざるを得ないことも多いようですが、短い睡眠時間でぐっすり眠るために工夫されていることはあるのでしょうか?

 
どうしても睡眠時間を削らざるを得ないことも多いようですが、短い睡眠時間でぐっすり眠るために工夫されていることはあるのでしょうか?

子どものころから寝るときはノーパン。父親譲りの快眠法

子どものころから寝るときはノーパン。父親譲りの快眠法
──寝るときにこだわっていることは何かあるのでしょうか?
 
「特にこだわりはないですね…。あ、でも、子どものころから、寝るときはノーパンです。父がノーパンで寝ていて、それが当たり前だと思って育ったんです。寝間着は普通のTシャツとゆるゆるのズボンなんですが、下半身が締め付けられるのが苦手なので、いまもパンツは履いていません。
大人になってから、母がノーパンで寝る父に驚いたというエピソードを聞いて、はじめて『これは普通じゃないんだ』と気付きました(笑)」(コバソロさん)
 
──ノーパンが当たり前! それについて奥さんは何かおっしゃっていますか?
 
「特に何も…。ノーパンで寝てること自体、知らないかもしれませんね。とはいえ、『もう寝ないと無理!』というピークでベッドに入ることも多いので、着替えないで眠ってしまうこともありますよ。糸が切れるようにパッタリ眠ってしまうことがほとんどなので、習慣らしい習慣はないです。寝付けないということも少ないですね。
でも、枕は薄いものの方がよく眠れる気がします。ライブで遠征するときも、ホテルの枕はフカフカすぎるので、バスタオルを丸めて枕代わりにしたり、枕を使わないで寝たりすることが多いんですよ。それと、朝起きたらなんとなく口の中が気持ち悪い気がするので、起き抜けにうがいをするのが習慣といえるかな」(コバソロさん)
 
──思い切り働いて、夜は倒れるように眠る…毎日エネルギッシュに活動されていることがよくわかりますね。夢を見たりはしますか?
 
「結構見ますね。しかも、夢の内容のとおりに身体が動いてしまうことが多いみたいなんです。奥さんに『首をブンブン振りながらうなされてたよ』と起こされたことがあったんですが、そのときは縛り付けられて虫を食べさせられそうになっている夢を見ていました。夢の中で暴れながら『やめろー!』って叫んでいたんですよね(笑)。
そんな悪夢を見た日は、起きても疲れがとれていなくて、昼間にも眠気を感じてしまいます」(コバソロさん)
 
──ということは、悪夢が多いんですか?
 
「楽しい夢を見ることもありますよ。最近印象的だった夢では、今年5月に生まれたばかりの息子が急に小学校1年生くらいに成長して、なぜかデブキャラになっていました。夢の中で爆笑しちゃいましたね」(コバソロさん)
 
5月にパパになったばかりというコバソロさん。夢に見るほど息子さんをかわいがっているようですが、ミュージシャンの活動と子育ての両立はどのようにしていらっしゃるのでしょうか?

5月から新米パパに! 家族3人の睡眠事情は?

5月から新米パパに! 家族3人の睡眠事情は?
──昨年入籍され、今年5月には第一子の男の子が誕生されたそうですね。おめでとうございます! ご結婚でコバソロさんの睡眠事情には、何か変化がありましたか?
 
「息子がベビーベッドで寝てくれないので、1つのベッドで家族3人、川の字になって寝ているんですが、自分の寝返りで息子を潰してしまわないように気を付けています。夜泣きもあるので、僕も奥さんも安眠とはいかない感じです…。でも、息子がかわいいので苦ではありませんが(笑)」(コバソロさん)
 
──息子さんの話題になると一気にパパの顔になりますね。自宅が仕事場ということは、子育てにはどう影響していますか?
 
「3時間に1回くらいは仕事部屋を出て、息子と遊ぶようにしています。こういうことができるのは、仕事場が自宅だからこそ、ですよね。毎日帰りが遅いということもないので、息子をお風呂に入れるのは必ず僕が担当しています。
今はまだ赤ちゃんなので、外に連れ出すことはあまりないんですが、今後は休日を使っていろんなところに連れて行ってあげたいです。海とか山とか、きれいなものをたくさん見せてあげたいですね」(コバソロさん)
 
──子育てにも積極的に参加し、近い将来の家族サービスのことまでしっかり考えていらっしゃるんですね。将来といえば、これから挑戦してみたいことはありますか?
 
「格闘技、ボクシングをやってみたいですね。やっぱり家長として強くありたいので。なんかいいじゃないですか、『お父さんがボクシングやってる』って(笑)。月に1回くらい、友人と集まってフットサルをやったりはしてるんですけど、趣味として格闘技をやってみるのもいいかなって思っています」(コバソロさん)
 
仕事もプライベートも前向きに取り組み、順風満帆なコバソロさん。常に仕事と家族の両方と向き合える環境で、オンとオフを上手に切り替える生活スタイルが、多忙な中でもクオリティの高い作品を生み出す秘訣なのかもしれませんね。
 

仕事もプライベートも前向きに取り組み、順風満帆なコバソロさん。

 

【眠りの黄金法則】

思い切って眠ってしまうのも大切! 余裕のあるときは、眠くなったら素直にベッドへ幼少期からノーパンで寝るのが当たり前。締め付けからの開放感15分くらいの仮眠をこまめにとって、繁忙期を乗り切る

【ウィークデーの平均睡眠時間】

5〜6時間睡眠(繁忙期は仮眠のみ)

【睡眠タイプ】

時間にとらわれない在宅仕事のよさを生かしつつ、きちんと睡眠管理をするタイプ
コバソロさんのフミナー度は『50%』、今一歩よい眠りがとれていないようです。bnr_list_check

 

コバソロさん
コバソロさん演奏、作詞作曲、編曲、撮影、動画作成、各デザインなどすべて自身で手がけるマルチクリエイター。2010年ごろからコバソロとして活躍し、メジャーアーティストへの楽曲提供を行うなど、音楽業界でマルチに活躍中。2012年に開設したYouTubeチャンネルの登録者数は現在74万人を超える。
ツイッターアカウント:‪@kobamakolts‬‬‬

 
☆★☆ Fuminners編集部オススメ ☆★☆
占いで知る【寝たほうがいい時間帯】。ゲッターズ飯田さんからの睡眠アドバイスも!

2017年下半期の運勢(ゲッターズ飯田)寝たほうがいい時間帯も!