日本マクドナルド公式HP

日本マクドナルド株式会社は26日、同社の宅配サービス「マックデリバリー」の拡充策として、Uber社が提供するフードデリバリーサービス「UberEATS(ウーバー イーツ)」を、6月29日からマクドナルドの東京都内33店舗で導入開始すると発表した。

 

これまで、「マックデリバリー」では全国約200店舗でフードデリバリーに対応してきたが、新たに「UberEATS」を利用した宅配も利用できるようになる。

マックデリバリーイメージ

利用方法は、UberEATSのアプリやWebサイトを利用して、メニューの決定から決済までワンストップで実行可能。

 

デリバリー受付時間は10時30分〜23時00分、対象エリアは東京都港区、中央区、千代田区、渋谷区、品川区、世田谷区、新宿区、目黒区の一部、対象商品はマクドナルドのメニュー商品(朝マックメニュー、デザート等一部商品は対象外)。

 

配送手数料は380円かかるが、マックデリバリーのように最低注文価格がなく、住所を指定すれば公園などでも配送可能というメリットも大きい。

UberEATSイメージ

発表資料

URL:http://www.mcd-holdings.co.jp/news/2017/release-170626a.html

2017/06/27


▷こちらもおすすめ

寿卒業宣言のNMB48須藤凜々花登場アプリ「NMB48須藤凜々花の麻雀ガチバトル!」リリース。配信期間は未定

 

格安SIMスマモバ、「解約手続に係る消費者トラブル」等が多発。総務省が行政指導へ

 

ポケモンGOにレイドバトル実装!最大20人でジムから出現するボスポケモンに挑む