ガッツポーズをする金国栄=27日、旌善(聯合ニュース)

写真拡大

【旌善聯合ニュース】「2017コリアオープン国際陸上競技大会」の男子100メートルは27日、江原道・旌善総合競技場で決勝が行われ、金国栄(キム・グクヨン)が10秒07をマークし、自らの韓国記録を0.06秒更新した。

 金は25日に同運動場で開催されたKBS杯全国陸上競技大会で10秒13の韓国新をマークしたばかりだった。
 8月にロンドンで開催される世界選手権の参加標準記録(10秒12)も突破し、同大会の出場権を獲得した。
hjc@yna.co.kr