フォトグラファー注目の展示会が今年も開催

6月20日から6月21日に神奈川県横浜市にあるパシフィコ横浜にて、プロフェッショナルフォトグラファー向けの展示会「PHOTONEXT 2017」が行われた。業務向けの機材や資材の展示が中心の営業写真館向けやブライダル専門のフォトグラファー向けのイベントで、ビジネスを提案するという傾向が強い展示会といっていいだろう。写真のビジネスがメインのPHOTONEXTだが、ここ数年は映像に関連した展示やセミナーも増えている。そのあたりの映像に関わる展示を中心に紹介していこう。

キヤノン

キヤノンブースはセミナーを中心に、大きなフォトスタジオで5種類の実演セミナーを実施。その内キヤノンマーケティングジャパンによる「EOS 5D Mark IVムービー解説〜新機能Canon Logは難しい?〜」と、ジュノーの大田晃弘氏による「Canon Logが変えるウエディングムービーの新たな可能性」は映像系セミナーで、写真業界でも映像を活用する提案が行われていた。

岡本豊氏による「自然光で撮るウエディングスナップフォト」の様子

また、キヤノンブースで意外だったのはカメラを自由に触れる形で展示をしていなかったこと。ハンズオンコーナーの代わりに今年から初めて「相談コーナー」を設置。質問をしたり、カメラを触りたい場合はリクエストする形となっていた。

今年から初めて設置された「カメラ/レンズ相談コーナー」

ソニー

昨年PHOTONEXTに初出展だったソニーは、今年も続けて出展。ブース正面には、先日発売を開始した20コマ/秒のブラックアウトフリー連続撮影が可能なミラーレス一眼カメラ「α9」を展示。会場で会ったカメラマンと話をすると、「α9を買ったよ」とか「α9の購入を検討している」といった話題を聞くことが多い。それだけ今業界注目のカメラといっていいだろう。

PHOTONEXTの会場でもひときわ注目の存在であったα9

ボディやレンズのラインナップを一通り体験できるハンズオンカウンターが設けていた。このコーナーの中では、7月発売予定の新製品の35mmフルサイズ対応の広角ズームレンズ「FE 12-24mm F4 G」や望遠レンズの「FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」、8月発売予定の大口径広角ズームレンズ「FE 16-35mm F2.8 GM」の3本が注目の展示となっていた。「FE 16-35mm F2.8 GM」が発売されれば、発売中の「FE 24-70mm F2.8 GM」や「FE 70-200mm F2.8 GM OSS」と組み合わせて全域でF2.8の絞りが実現する。Eマウントのレンズは着々と充実してきており、今後αをメインとして使うカメラマンは増えていきそうだ。

ソニーのラインナップを体験できるハンズオンカウンターハンズオンカウンターの中でも注目は、7月発売予定の「FE 12-24mm F4 G」、超望遠レンズの「FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」、8月発売予定の大口径広角ズームレンズ「FE 16-35mm F2.8 GM」の3本

ステージでは、4種類のセミナーが行われていた。鈴木佑介氏の「未来を見据えれば今こそ選択するのは“α”〜進化するαで深化する映像制作〜」は映像関連の内容で、α9を使った興味深い内容だった。また、他社製品との連携のコーナーでは、S-Logワークフローに関連しての展示でDaVinci Resolveと専用のコントロールパネル「DaVinci Resolve Mini Panel」を展示していた。

DaVinci Resolveと専用のコントロールパネル「DaVinci Resolve Mini Panel」を展示

銀一

展示ホールではない中2階の会議室で、ソニーαシリーズのボディにメタボーンズなどのマウントアダプターを介して各社のレンズを装着して試せるレンズバーを開設していた。体験には待ち時間が必要なほど人気のコーナーとなっていた。

カメラマンというとキヤノンやニコンのカメラを使っているというイメージが強いが、ここ最近はソニーのαシリーズのボディを買い足すというカメラマンが増えてきているという。ソニーのαシリーズは動画にも対応して小型かつ軽量でスタビライザーと組み合わせても軽量な動画のシステムが実現できるところが人気だそうだ。

ソニーのαを買い足したカメラマンは、すでにキヤノンまたはニコン、シグマ、ツァイスなどのレンズの資産を持っていて、その資産を引き続きαシリーズでも使いたいと考えるだろう。そこで、キヤノン、ニコン、ツァイス、シグマ、各社のレンズとそれらに対応したマウントアダプタを用意して、ソニーαシリーズのボディで問題なく動くかを検証できる場を設けたという。アダプタを使った動作は概ね問題はないものの、一部の組み合わせではAFの速度が若干遅くなるようなこともある。そのあたりの相性を実際に動作させて確認してほしいとのことだった。

ずらりと並んだ各社のレンズとソニーαシリーズのボディで使うためのマウントアダプタ

ブースでは「Steadicam Solo」も展示されていた。最近の市場のスタビライザーは電子式のものが中心だが、Steadicam Soloは昔からあるメカニカルなタイプのもの。電子式のスタビライザーは、パンしたときにタイミングがワンテンポ遅れて向くという欠点があり、例えば音がした方向にすぐに向こうとしてもワンテンポ遅れてカメラが向く感じになる。しかし、メカニカルなSteadicam Soloであれば、音がした方向にカメラをパッと向けられる。またすぐに戻せるというのもメカニカル的なタイプでないとできない。タイミングは自分でコントロールできるというのが利点だという。

また、脚が伸びる機能があるので、一脚としても使える。一脚で撮影をした後、畳めば再びスタビライザーとして使えるのも特徴となっている。

Steadicam Soloをスタビライザーとして使用した状態Steadicam Soloを一脚として使用した状態。4段階の伸縮が可能

ソニーのα7R IIとGマスターのFE 24-70mm F2.8 GMは、カメラマンの定番的な組み合わせだが、このレンズとカメラの構成にATOMOSの「NINJA FLAME」やRODEの「VIDEOMIC RYCOTE」 、Chroszielのマットボックスやフォローフォーカスなどリグやアクセサリーを組み合わせて本格的な映像向けに構成した場合の例も展示されていた。

この組み合わせの特徴は、元はベーシックなαのミラーレスカメラなのに本格的な動画向けのカメラに見えることだろう。ミラーレスカメラでもフォローフォーカスを入れることにより操作性もスムーズで楽になる。

また、α7だけで動画を撮影する際の欠点は背面の液晶の小ささで、この液晶モニターのサイズでフォーカスの精度を確認するのは困難だ。直射日光の当たる野外となればなおさらといっていいだろう。この問題はNINJA FLAMEで対処可能で、日中の屋外で直射日光がモニターに当たるような環境でも、ピントの確認が可能になる。正確な色味を確認したいというわけでなければ、特にフードをつける必要もないとのこと。

ソニーのα7R IIにGマスターの24-70mm F2.8を装着した形から映像の専用機を実現ATOMOS NINJA FLAMEは、日本の夏の直射日光でもピントを確認できるほどの明るさをもっているChroszielのマットボックスやフォローフォーカスはスムーズな操作性が可能になる

富士フイルムイメージングシステムズ/富士フイルム

営業写真館向け提案エリアに中判ミラーレスデジタルカメラ「GFX 50S」やミラーレスデジタルカメラ「X-T2」が展示されていた。GFX 50Sには2017年6月22日発売予定の「GF 110mm F2 R LM WR」が取り付けられていた。110mm F2と非常に明るくフィルター径は77mmと大口径ということもあって、注目を浴びていた。

GFX 50Sを触って気になった機能としては、瞳のAFに「左」と「右」の設定があることだ。顔を斜めから撮る際に有効な機能となりそうだ。また、フィルムシミュレーションモードが充実しており、「スタンダード」は「PROVIA」、「ビビッド」は「Velvia」などフィルムを再現した15ものモードを搭載。動画の機能も搭載しており、4Kには対応していないもののフルHDの30pで収録が可能となっている。

F2の明るさをもつ110mmの大口径単焦点レンズ「GF 110mm F2 R LM WR」瞳AFには右目と左目の設定が可能。写真では左目に設定15種類のフィルムシミュレーションモードを装備しているのも大きな特徴だ動画の収録にも対応。フルHDで1920×1080の29.97pに対応可能。収録時間は約30分まで

6月23日に発売の「写ルンです プレミアムキット」も展示されていた。「写ルンです シンプルエース 27枚撮」が2本セットになっており、54枚の撮影が可能。専用シリコンカバーが付属しているのが特徴で、カバーは取り外しできる。写ルンですは去年から30周年を記念して、紙の着せ替えカバーをつけた第1弾や第2弾を発売してきた。今回の第3弾では、若い方に改めて写ルンですの楽しさを提案したいとのことでシリコンカバーを実現したという。

数量限定で発売中の「写ルンです」のプレミアムキット初代「写ルンです」をデザインした専用シリコンカバーが付く

シグマ

Blackmagic DesignのBlackmagic URSA Mini ProにHigh Speed Zoom Lineの50-100mm T2をつけて展示を行っていた。展示されていた50-100mm T2はEFマウントだったが、PLマウントやソニーのEマウントの3種類がリリースされている。その中でもEFマウントの出荷が多い傾向にあるという。

また、シグマはスチルカメラで「マウント交換サービス」というのを行っていて好評だが、CINE LENSESでも行われている。PLマウントは対象外だが、有償でEFマウントからEマウントに変更やEマウントからEFマウントへの変換が可能だ。

Blackmagic DesignのBlackmagic URSA Mini ProとHigh Speed Zoom Lineの50-100mm T2を組み合わせて展示シグマのHigh Speed Zoom Line。回転角の大きさも特徴で、18-35mmであれば18と19の間だけでもしっかりと間隔がある。このあたりは写真用と違うという

よしみカメラ

動画関連では360°ビデオ撮影ができる「iZugar Z4XL Complete Set」を展示。これまで360°の撮影をする場合は、GoProを6台構成にしたり、GoProのレンズを円周魚眼レンズにして複数台使って撮影するという方法があった。しかし、GoProの360°撮影はイメージセンサーが小さいために高画質とはいえなかった。そこで画質にもっとこだわりたいという人向けにお勧めなのが、マイクロフォーサーズ用の円周魚眼レンズ「iZugar MKX22 MFTフィッシュアイ」に「Zcam E1」をリグで構成したこちらの製品だ。

Zcam E1は、非常にコンパクトなボディながら4K収録が可能で、マイクロフォーサーズのレンズマウントを備えるというカメラだ。円周魚眼レンズを使うと、3台や4台のカメラで360°をカバーした撮影が可能。理論上は3台でも大丈夫だが、4台であれば安定した形で360°のパノラマムービーを撮影することができる。また、3:2で動画を収録できる「4K photo」というモードで収録が可能で、16:9でトリミングされる範囲よりも広く収録することができるのも特徴。リグがついた状態ではケーブルで各カメラと同期がとることが可能で、親機のカメラの録画ボタンを押せば他のカメラと同期が可能。

マイクロフォーサーズ用の円周魚眼レンズ「iZugar MKX22 MFTフィッシュアイ」リグに4台のZcam E1を組み合わせたところ

360°のコンテンツを椅子に座って楽しむ場合、背面を向くことはあまりないのではないだろうか。360°のコンテンツであっても「前面の映像のみ」という割り切った発想も考えられている。こういったコンテンツの撮影に最適なのがGoPro2台で立体視可能な180°VR 3Dビデオ撮影用のシステム「REAL 3D CAM」だ。360°パラノマ撮影用レンズ「MKX-19」により画角は194°になり、2つのカメラ映像のマッチングだけになるので360°の撮影よりもステッチングの作業が楽になるというのも特徴だ。

画角194°の円周魚眼レンズに交換したGoProを2台で撮影できる「3D Real Cam」