神戸大学付属小学校での実験風景

写真拡大 (全4枚)

 神戸大学大学院 人間発達環境学研究科の野中哲士准教授が、小学1年生を対象に、ひらがなの学習における書字身体技能の発達を調査したところ、欧米ラテンアルファベット圏の発達研究とは異なる「運動パターンの区別を身に付けるプロセス」の存在が明らかになった。

 子どもの書字技能の獲得は、欧米のラテンアルファベット圏における発達研究では「微細運動(手先の器用さ)の向上」と「視覚的表象の獲得(字の形を覚えること)」という2つの異なるプロセスを継ぎ足したものとして説明されている。今回、野中准教授は、非ラテンアルファベット圏における書字身体技能の発達を検討することを目的に研究を行った。

 研究は、神戸大学付属小学校をフィールドに、小学校入学後約3か月という比較的短期間で集中的に行われる1年生のひらがなの学習において調査を実施。教室活動から見られる特徴と、ペンタブレットを用いてひらがなの各筆画を書くときの児童のペン先の動きを数値化し、3か月間その変化を追った。

 教室活動の検討からは、筆画の終筆、筆順、動きのリズムなど、字を書くうえで満たすべきいくつかの特徴に対して繰り返し子どもたちの注意が向けられている傾向が見られたという。個人差はあるものの、「ペン先の動きが終筆のタイプ(とめ、はね、はらい)によって明確に分かれてくる」「それぞれの筆画を書く運動のリズム(ペン先の速度変化パターン)に徐々に一貫性が現れてくる」という2つの共通した変化の傾向が定量的に示された。

 この結果、ひらがなを書く身体技能の発達プロセスは、これまでの欧米の発達研究にあるような「手先が器用になる」+「形を覚える」というプロセスだけでは説明ができないことが示された。研究により、「とめ」「はらい」といった特定の文化圏でのみ意味を持つ筆跡の特徴を生むため、「筆画のリズム」「終筆の動き」というペン先の運動パターンの区別を短期間で身に付ける、身体の動きの分化プロセスという側面を持つことも示されたという。

 さらに今回の研究結果から、身体運動の分化として書字を学ぶプロセスは、字を思い出そうとする際に指を自然と動かす「空書」と呼ばれる漢字文化圏特有の現象とも関連している可能性も示唆された。研究成果は、6月13日発刊の科学誌「Developmental Psychobiology」に掲載されている。 《リセマム 畑山望》