LINE、デジタルとリアルが融合した新たな七夕の楽しみ方を提案する「みんなの七夕プロジェクト2017」を開始

写真拡大 (全4枚)

LINEは、2016年に引き続き七夕プロジェクト実行委員会に参画し、七夕のリデザインを目的としたプロジェクト「みんなの七夕プロジェクト2017」を2017年6月26日より開始した。

本プロジェクトは、古くから日本で親しまれてきた風習「七夕」に新しいテクノロジーや楽しみ方を取り入れることで、これまで以上に多くの人が楽しめるイベントに発展させることを継続的に目指しているとのこと。6月26日から8月26日の期間は、今年もみんなの願いが集約される場所として公式Webサイトを開設すると共に、短冊を気軽につくれるLINEの公式アカウントを開設、さらに七夕以降には、日本三大七夕祭りとして有名な愛知県一宮市の「一宮七夕まつり」とタイアップし、リアルイベント「TANABALLOON」を実施する。

また、本プロジェクトは8月18日より全国東宝系にて公開予定の映画「打ち上げ花火、下から見るか、横から見るか」( http://uchiagehanabi.jp/ )とコラボレーションを行うことが決定した。



■ニュースリリース

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・LINE LIVE」、新たにPCからの配信に対応。LINE GAMEを始め、ゲーム配信の取り組みを強化
・LINEバイト、オファーでつくる海の家「OFFER HOUSE by LINEバイト」を三浦海岸にオープン
・元ジャイアンツ宮本も惚れ込むリアルに野球を楽しめる「レジェンドベースボール」
・PlayStation4の累計販売台数が6000万台を突破
・「ファイナルファンタジー30周年×横浜」夢のコラボレーション企画を開催