防弾少年団(上から時計回りに)JIN・J-HOPE・SUGA・JIMIN・V・RAP MONSTAR (センター)JUNG KOOK(提供写真)

写真拡大

【防弾少年団/モデルプレス=6月27日】韓国のボーイズグループ・防弾少年団が、米タイム(TIME)誌が毎年発表する「ネット上で最も影響力のある25人(The 25 Most Influential People on the Internet)」に選出された。

EXILE岩田剛典も称賛 防弾少年団が世界的に人気の理由は?

◆「ネット上で最も影響力のある25人」に選出


26日、タイム誌は今年の「ネット上で最も影響力のある25人」を発表。ソーシャルメディアでの世界的な影響力と、総合能力の話題性などを考慮・評価したとし、防弾少年団のほかには、トランプ米大統領や、「ハリー・ポッター」シリーズの英作家J.K.ローリング、米歌手のケイティ・ペリーやリアーナなどが名を連ねた。

◆世界レベルの大きなファンベースの存在を指摘


同誌は、防弾少年団が米歌手のジャスティン・ビーバーやセレーナ・ゴメスを抑え、米ビルボードの「ソーシャル50」チャートで27週連続トップを維持したことに触れ、「これはどんなアーティストにとっても印象的な功績」と言及した。

さらに、防弾少年団は米歌手ビヨンセのファンを意味する「BeyHive(ベイハイヴ)」と競るほどのファンベースを抱えているとし、防弾少年団のファン「ARMY(アーミー)」は彼らのアルバム「WINGS」(2016年)を、「ビルボード200」チャートでK-POPのアルバムとしては最高の26位まで押し上げ、また今年の「ビルボード・ミュージック・アワード」にて彼らが「トップ・ソーシャル・アーティスト」を獲得するのを後押ししたと評価。さらに同賞の授賞式にて、リーダーのRAP MONSTAR(ラップモンスター)が「この賞は世界中の僕たちに愛と光を与えてくれる人々のものです」と演説したことにも触れている。

他にも同リストには、「ミニブログの女王」と称される中国の女優ヤオ・チェンや、シリアのアレッポの惨状をツイッターで伝え続けた8歳の少女、バナ・アベドさんなどが選出されている。(modelpress編集部)

情報:TIME

【Not Sponsored 記事】