@AUTOCAR

写真拡大 (全17枚)

GT S比、75馬力アップ

メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデス-AMG GT R」を発売した。

「メルセデス-AMG GT R」は、メルセデス-AMG GTをベースに、ドイツツーリングカー選手権(DTM)やスーパーGTなどで戦う「メルセデス-AMG GT3」の技術を投入した公道走行可能モデル。


・AMG4.0ℓV8直噴ツインターボエンジン
・軽量・高強度のアルミニウムスペースフレーム
・48:52の前後重量配分

を特徴としている。

なかでもGT R専用の2基のターボチャージャーは、Vバンクの外側ではなく内側に配置。過給圧は、AMG GTの1.2バールから1.35バールへ引き上げられている。


パワーはGT Sで75馬力アップ。スペックは

最高出力:585ps(+75ps GT S比)
最大トルク:71.3kg-m(+5.1kg-m)
パワーウエイトレシオ:2.80kg/ps
0-100km/h加速:3.6秒

となっている。
 

AMG初 4輪操舵システム搭載


エクステリアには、「AMGパナメリカーナグリル」や強力なダウンフォースを生み出す「アジャスタブルリアウイングスポイラー」をはじめとする専用装備を備え、最適なグリップを確保。


また、メルセデス-AMG初となる4輪操舵システム「AMGリア・アクスルステアリング」や9段階の調整が可能なAMGトラクションコントロールなどサーキットを速く走るための専用装備を備えている。


一方、メルセデスの安全運転支援システムの1つである「ディスタンスパイロット・ディストロニック」を標準装備し、レーシングモデルでありながら高い安全性も実現した。

価格は、23,000,000円。
 

AMG GT R 画像ギャラリー