2017年に70周年を迎えたカンヌ映画祭の名を冠した限定車が、昨年に続いて今年もルノーからリリースされました。

6月22日から50台限定で発売された「ルノー キャプチャー カンヌ」は、世界三大映画祭であるカンヌ映画祭のオフィシャルカーをイメージした限定車。

110 年以上にわたって映画と密接な関わりを持ち続けているというルノー。フランスを代表する映画祭であるカンヌ映画祭とは、1983年から関係があるそう。

今年 70 周年を迎えた第 70 回カンヌ映画祭では、カンヌ映画祭のエンブレム「パルム」をまとった 330 台を超えるルノー車がオフィシャルカーとして提供されていて、来場したセレブをレッドカーペットまで送り届けています。

 

50台限定車の「ルノー キャプチャー カンヌ」は「インテンス」がベース車。専用ボディカラーの「ブラン ナクレ M+ノワール エトワール M」、ブルーフィニッシャー付ブラックドアモール、エアコンパネルブルーイルミネーション、ブルーレイ対応高画質 9 インチ大画面 SD ナビ、前席シートヒーター付専用ブラックレザー×ファブリックシート、そして専用エンブレムデカール、アルミペダル、パンク修理剤などが専用装備されています。

 

「ルノー キャプチャー カンヌ」の価格は289万円で、ベース車の「インテンス」が267万2000円ですから、ブルーレイ対応ナビだけでも十分お買い得な価格設定です。

(塚田勝弘)

「ルノー キャプチャー カンヌ」を今年も発売!ブルーレイ対応ナビなどの専用装備を満載(http://clicccar.com/2017/06/27/485432/)