「番人」イ・シヨン、平然なふりをするキム・ヨングァンを慰める

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「番人」のイ・シヨンがキム・ヨングァンを慰めた。

昨日(26日) 韓国で放送されたMBC「番人」では、ユン・スンロ(チェ・ムソン) がチャン・ドハン(キム・ヨングァン) を疑う様子が描かれた。

この日ユン・スンロはチャン・ドハンの正体を疑い、彼の父親にナム・ビョンジェ(チョン・ソギョン) と会わせた。チャン・ドハンの父親はナム・ビョンジェに会った後、トラウマに陥り手首を切った。

このニュースをユン・スンロから聞いたチャン・ドハンは、自身の正体を隠すためわざと平然なふりをした。

その後チャン・ドハンはチョ・スジ(イ・シヨン) に走って行き、状況を尋ねた。チョ・スジは「今行ってはならない。お父さんだけを思って耐えてきたと思いなさい。何も考えないで」と慰めた。