Apink、新曲「FIVE」MV公開…Apinkらしい清純な姿&清涼なサウンドに注目

写真拡大 (全2枚)

Apinkが特有の清純さとハツラツさを倍増させた。

Apinkは26日午後6時、各種音楽配信サイトを通じてニューアルバム「Pink UP」を発売した。昨年9月、3rdアルバム「Pink Revolution」以降、9ヶ月ぶりのカムバックだ。

今回のアルバムのタイトル曲「FIVE」は、プロデューサーのシンサドンホレンイ、ボミナンイの曲で、繰り返される日常に疲れている人々に向けた慰めと希望のメッセージを盛り込んでいる。清涼なサウンドが印象的な、Apinkスタイルのダンス曲だ。

Apinkは「そのまま私に来て 来て 来て」とし「あなたと私 今からしばらく12345 目を閉じて じっと立って 12345」などの歌詞を通じて人々にエネルギーを届ける。

今回のアルバムにはタイトル曲のほかにも、恋に落ちた少女が可愛らしく駄々をこねる「チクチク」からApinkのリーダーパク・チョロンが作詞した「EYES」「良いです!」「EVERGREEN」など7曲が収録され、Apinkのさまざまな感性を見せている。

MVでもApinkの爽やかさが表れている。メンバーたちはガーリッシュなコンセプトで男心を鷲掴みにする。それこそApinkにぴったりの清純さだ。

Apinkはショーケースで「今回のカムバックについて作曲家と話した時も、以前のように戻ろうと話した。一番Apinkらしい姿を見せたかった。一番得意なカラーを見せようとした。今回の活動も初心で行うので、温かい目で見てほしい」と伝えた。

このようにApinkは自身たちが一番得意なものでファンに戻ってきた。カムバックを控えて良からぬ脅迫事件もあったが、彼女たちは傷を乗り越えて、一番Apinkらしく現れた。