世界中で人気のキャラクター、ポケットモンスターのピカチュウ。

来日した外国人が日本の原宿で「肥満のピカチュウが売られていた」と衝撃を受けたそうです。

どんなピカチュウなのか、ご覧ください。

 

Damn Pikachu you eat too much


わわっ。

どうしちゃったの?
……と心配になるくらいの超肥満!

あきらかに食べ過ぎたと思われる立派なお腹。

本当にピカチュウなのかと疑ってしまうほどですが……。

商品タグを見ると、もっちぃもっちぃというクッションのラインナップのひとつのようです。

[画像を見る]
(もっちぃもっちぃ(Mocchi-Mocchi-) | スペシャルサイト | タカラトミーアーツ)

イメージ写真だとそこまで肥満と言う感じでもないので、柔らかすぎた結果なのか、置き方が悪いのか……。

日本の店舗なので、twitter等でも目撃例があるようです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●ピザチュー。

↑肥満チュー。

●ポケモンGOのジムへ行くべきだ。

●だからピカチュウはモンスターボールの中に入りたがらないんだな。

●「こんな風になった僕を見てよ。20年前はこんなことになるとは想像もしてなかったよ。ゲームやショーやいろんな商品で世界のトップに立っていたんだ。使い切れないほどの稼ぎだった。でもそれで何を得たかというと常に視線を感じる人生だった。
落ち着くひまもなく、ファンや取り巻きに囲まれていた。友達はいなかった。そして心が空っぽになって行ったんだ。
ポケモンケーキがいくつあってもこの寂しさを埋めてはくれなかった。そのうちスポンサーはいなくなりファンは離れていった。そして忘れられていった。
僕は今ここで、一日中座ったまま誰かがそのドアを開けて、こう言うのを待ってる。『キミに決めた』」

↑その最後の文が心に強く響いた。

↑ぐっときた。

↑鳥肌が立ったよ。子供時代と今が重なった。

●そのピカチュウを買いたいんだけど。

●泣いてなんかいない。

●アメリカン・ピカチュウ。

●ピカチュウはもうあと数kgでハンソロやチューバッカの取引相手になる。

↑ジャバチュウ! (ジャバ・ザ・ハット+ピカチュウ)


一緒に戦うパートナーには向きませんが、さわり心地は良さそうですね。

【日本のお店で外国人が驚愕「太り過ぎのピカチュウが売られていたのだけど…」】を全て見る