不動産会社で経理を担当していた54歳の女が勤務先のカネ2700万円を着服したとして23日(2017年6月)、大阪府警に横領容疑で逮捕された。被害総額は10年間で1億6000万円に達すると見られる。このカネで豪遊し、エステ店やドッグランを開店してもいた。

司会の羽鳥慎一「よくある事件ですが、特異なのは容疑者自身が豪遊の模様をフェイスブックでどんどん表に出したことです」

ベンツ2台、海外旅行、ディナーショー

逮捕されたのは堺市の鍵井弥生容疑者。堺警察署の調べを伝えた岡安弥生リポーターによると、鍵井は10年以上経理を受け持っていた。今年1月には梅田駅近くのビルにエステサロンを開き、カネは「住宅ローンや車の購入に使った」と供述しているという。

堺市の閑静な住宅街にある自宅にベンツ2台と日本車1台を持ち、旅行やディナーショーにもひんぱんに出かけていた。それを「バンコクとアンコールワットとかを回って帰ってきました」「今夜は椿山荘ホテル東京に泊まります」などとフェイスブックに書き込んでした。

旅行は2013年10月からの3カ月間で5回、ディナーショーは去年12月だけで3回、8日間で焼き肉2回、すし1回の外食もしたそうだ。中には「本日土地を購入しました」というのもあった。おととし1月にドッグランとカフェを併設した施設を開いたが、1年余りでつぶれたらしい。

青木理(フリージャーナリスト)「こういう横領は銀行とかに昔からよくあるけど、自己顕示欲に現代性がありますね」

羽鳥「10年間気づかれていない。経理を一人だけがやると、こういうことがありますね」