フォースがハンパない! - 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ポスター(左)と日ハムVer.
 - (C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

写真拡大

 シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の公開を記念して、同作のポスタービジュアルを模した北海道日本ハムファイターズVer.スペシャルアートが制作された。ヒロイン・レイ(デイジー・リドリー)のポジションには、球界を代表するスラッガーの中田翔選手。ライトセーバーをバットに持ち替え、豪快なスイングでものすごいフォースを放っている。

 レイ、伝説のジェダイであるルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)、ダース・ベイダーの意思を継ぐカイロ・レン(アダム・ドライヴァー)の3人が、ダークサイド(暗黒面)の象徴である「赤」に包まれていることで公開時から大きな話題になっていたこのポスター。ファイターズVer.では、レイに代わって中田選手、ルーク・スカイウォーカーに代わって二刀流の大谷翔平選手、カイロ・レンに代わって攻撃の要ブランドン・レアード選手のビジュアルが採用されている。

 このスペシャルアートは、7月3日に東京ドームで開催される北海道日本ハムファイターズVS埼玉西武ライオンズ戦「スター・ウォーズ ナイター」の記念証として、「スター・ウォーズ パック」(観戦チケット、スター・ウォーズキャラクターとファイターズのロゴが入った特製マグカップとマフラータオルとがセットになったパック:限定1,000セット)を購入した全員に発行されるもの。「スター・ウォーズ ナイター」ではファーストピッチセレモニーでBB-8やカイロ・レンらキャラクターたちが登場するスペシャルイベントを実施するほか、ストームトルーパーによる入場ゲート警備を行ったりと、東京ドームが『スター・ウォーズ』一色になる。(編集部・市川遥)

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は12月15日より全国公開