大阪市で外来アリの侵入確認 しかもこれが2例目……

 つい昨日、6月26日に、危険な外来アリが大阪で発見されたとの報道が発表され、環境省をはじめ、関係機関を慌てふためかせている。その外来アリとはアカカミアリというアメリカ大陸原産の毒アリである。


アカカミアリ 撮影者:今井弘民、久保田政雄/日本産アリ類画像データベース

 大阪市の発表によれば、大阪市の南港で陸揚げされたフィリピンからのコンテナにアカカミアリが付着していることが確認され、このコンテナが移送され保管されていた場所すべてを調査した結果、大阪市において生きたアカカミアリ2匹が捕獲されたという。現在、大阪市と環境省では、緊急の調査を進めている。

 実はこの報道には前段があり、このアカカミアリの発見を遡ること1週間ほど前、神戸市にこれもまた強力な外来毒アリが発見されたという報告が発表され、大騒動となっていたのである。そのアリの名はヒアリ。

 今回は、まず、この神戸でのヒアリ侵入騒動から振り返り、今後のリスク管理のあり方について解説してみたい。

「毒アリ」侵入騒動、それは神戸から始まった

  強毒性の外来アリ、ヒアリ。ヒアリは英語でFire Antと書く。その名の通り、刺されると火の粉をかけられたような熱さに似た激しい痛みを感じる毒アリである。


ヒアリ ©五箇公一

 今、世界中が最も侵入を警戒する外来種の一つであり、日本でも環境省・外来生物法の規制対象種である「特定外来生物」に指定されている。指定時は、まだ日本には侵入していなかったが、その強い増殖力と分布拡大能力、それに伴う深刻な生態リスク、さらに何よりも人を刺傷し、最悪死に至らしめるという人の健康に対するリスクに基づき指定が決定された。

2000年代に急速に分布を広げたヒアリ

 ヒアリは南米原産とされ、1930年代から船に乗って北米に侵入し、アメリカ合衆国南部のフロリダ州やテキサス州を中心に分布を広げている。特にレイチェル・カーソン女史による「沈黙の春」が1962年に出版されて以降、害虫防除の特効薬とされたDDTに代表される有機塩素系殺虫剤は、生態影響が大きいという理由で米国内での使用が規制され、その結果、いっそうヒアリの拡大を許して現在に至っているというエピソードは有名である。ちなみにスピンオフ・ネタとなるがDDTの世界的規制は、熱帯地域の途上国における蚊の防除も困難とし、マラリアの再興をもたらしてしまったとされる。

 さて、そのヒアリも1990年代までは、それほど世界的な注目を集める外来種でもなかったのだが、2000年代に入ってから、アジア太平洋の国々・地域に急速に分布を広げ始め、にわかに世界一級の外来種のステータスを得ることとなった。ニュージーランド、オーストラリア、マレーシア、中国南部、そして台湾と、次々に飛び石的に、しかもたった5年という短期間で彼らはアジア地域への侵入を果たした。


ヒアリの世界的分布拡大(筆者作図)

 なぜ21世紀になってからここまで急速に分布を拡大したのか。その背景には近年のグローバル化という大きな潮流があると考えられる。かつてはジャングルの国であった南米の国々は今やプランテーション大国となり、大量の農作物と林産資源を輸出している。そして、かつては農林産物輸出国であった中国や東南アジアが経済発展によって資源輸入大国となり、南米からアジアに向けての物資の輸送量が増加しているとされ、この経済フローに乗っかってヒアリもアジアへと渡ってきたと推測される。

神戸への「侵入経緯」とは?

 そして我々、外来種の研究者も、いずれ日本にヒアリがやってくるであろうと危惧していた。そしてその「侵入リスク」は現実のものとなった。2017年5月20日中国の広州から貨物船で運ばれてきたコンテナが神戸ポートアイランドのコンテナヤードに陸揚げされた。コンテナは25日まで当地で保管され26日に尼崎市の通関事務所に運ばれた。そして通関業者が荷物を下ろすために、コンテナを開封したところ、コンテナの中に見慣れないアリがコロニーをつくって生息しているのを発見。通報を受けた環境省が地元博物館の専門家に同定を依頼した結果、ヒアリであることが判明した。国内初のヒアリ発見事例となった。コンテナは6月1日に神戸市の検疫所に運ばれ、燻蒸処理によって中のヒアリは駆除された。


ヒアリ侵入経緯(筆者作図)

 この発見を受けて神戸市は急遽、問題となったコンテナが置かれていたポートアイランドのコンテナヤード内の調査も実施した。すると今度はヤード内のコンテナ重量でゆがんでできたアスファルトの割れ目にヒアリが100匹以上出入りしている状況を確認。こちらも即時、殺虫剤を注入し、駆除を行い、今後、この割れ目は補修によって埋める予定とされる。

アカカミアリも発見 2種の「毒アリ」が上陸していた!

 さらにヤード内の調査を続けた結果、今度はアカカミアリという、冒頭で記した別の外来毒アリが6月20日に発見された。ヒアリと同様に、アスファルトの割れ目に住み着いていた。こちらも即時に殺虫剤処理がなされた。アカカミアリはヒアリの近縁種で、形態もよく似ており、北米南部〜中年米に生息する毒アリである。日本ではすでに硫黄島に侵入しているが、本土内への侵入はこれが初事例であった。アカカミアリもヒアリ同様に危険な外来種として世界に名が通っており、環境省の特定外来生物にも指定されている。


ヒアリが発見された神戸港のコンテナヤード ©五箇公一

 2種も危険な外来アリがほぼ同時に、しかも同じコンテナヤードで見つかったということで、神戸市役所は急遽対策本部を設置、コンテナヤードのあるポートアイランド周辺に粘着トラップを設置するとともに、コンテナヤード周辺にベイト剤と言われる殺虫成分を含有する餌を設置した。もし、これらの外来アリが営巣していれば、このベイト剤を巣に持ち帰らせることで、巣内の増殖を抑えて駆除することができる。

 さらには国土交通省が全国の港湾施設において緊急点検を行うよう指示を出し、これまでの外来生物では考えられないほどの迅速な行政対応が実施された。その背景にはやはり「殺人アリ」と称される危険生物としての前評判があった。

筆者も参加した緊急対策会議で決まったこと

 22日には神戸市役所において対策会議が開催され、筆者も含めて、外来アリ類の専門家が参集した。会議前の現地視察とこれまでの調査結果報告から会議では、今回の外来アリ2種の侵入に対しては初動対応が功を奏して、幸い、ヤード外に分布拡大している可能性は低く、まずは最悪の事態は避けられていると判断された。

 とはいえ、まだ油断はできないことから、今年度いっぱいはポートアイランド内の監視態勢は継続し、もしトラップに1匹でもヒアリもしくはアカカミアリが確認されるようであれば、改めて緊急防除を検討することとした。おそらく今後、大阪市で発見されたアカカミアリにおいても同様の監視・防除体制がとられることとなるであろう。

東京や横浜、名古屋、そして福岡も対岸の火事ではない

 ちなみに、神戸市では、すでにアルゼンチンアリという南米原産の外来アリが高密度に生息しており(本種は無毒。そのため対策が後手になっている……)、今回の新たな外来アリの上陸によって、特定外来生物に指定されている外来アリが3種も神戸港に集結したことになる。これだけ多様な外来アリ類が侵入してくるということは、いかに神戸が国際港として多様な国や地域から物資を搬入されているかを示している。

 そして、このことは、神戸以外の地域の国際港でも当然高い確率で起こり得ると考えなくてはならない。実際に2014〜2016年度にかけて実施された国立環境研究所の研究プロジェクトにおいて、各港の貿易統計からヒアリの侵入リスクを評価した結果、東京や横浜、名古屋、大阪、博多など、スーパー国際港と言われるエリアはいずれも侵入リスク・ランキングの上位に挙げられている。そして冒頭に記した通り、実際に、神戸に次いで大阪でもアカカミアリが発見されてしまった。まずは優先的にこれらの国際港においても警戒態勢を強化すべき、と言えるであろう。


輸入量に基づくヒアリ侵入リスク都府県ランキング(環境省・環境研究総合推進費課題4-1401 課題代表:国立環境研究所)

 もし、今後、ヒアリ、アカカミアリの定着が発見される事態になれば、即時に防除し、根絶する必要がある。防除については、すでに国立環境研究所においてアルゼンチンアリを対象にベイト剤を含む化学薬剤を活用した手法が開発されており、東京都大田区および横浜市のアルゼンチンアリ集団を根絶した実績もある。本手法をベースにヒアリ、アカカミアリについても適正な計画的防除を実施すれば確実に根絶できると我々は考えている。

新たな巣が飛び火的に広がってしまう恐れ

 ただし、ヒアリ、アカカミアリとも巣が成長すると、有翅虫といわれる羽をもった新女王とオスが生産され、新天地を求めて飛行移動を開始する。その飛翔距離は気流に乗れば10キロ、20キロと長距離に及び、新たな営巣が飛び火的に広がってしまう恐れがある。他国でもこうした特性が本種の防除を困難にしており、分布拡大を許してしまっている。


フロリダのヒアリ 撮影:五箇公一

 有翅虫を飛ばすほど巣が成長するまでには数年間はかかるとされており、そこまで発見を遅らせることなく、早期に発見し、早期に防除することがひとつの防除戦勝ラインとなると考えられる。もし、この防除ラインが突破され、一度有翅虫が飛び立てば、新たな営巣地を探しては発見する度に駆除するという、イタチごっこの長期戦に持ち込まれることとなる。現時点で計画的化学防除以外の有効な防除法が確立(効果の検証)されていない以上は、そうなる前に叩くという臨戦態勢を準備しておくしかない。

 現在、神戸、大阪と、これら外来毒アリが発見された箇所について緊急の防除体制がとられているが、日本が貿易大国である限り、今後もヒアリ、アカカミアリの侵入は続くと覚悟しなくてはならない。今回のヒアリ、アカカミアリ発見は、やや過剰な騒動とも言えなくはないが、行政・国民の間に外来種に対する意識の向上が図られたという意味ではいい機会であったと受け止めたい。これをきっかけとして環境省も他の省庁および自治体と連携して、さらなる外来種対策の強化を図ることが重要な行政課題となろう。

ヒアリ(アカカミアリ)に噛まれたらどうすればいい?

 ところで、国民の最大の関心事はヒアリ・アカカミアリの毒性リスクだと思われる。そのリスクと対応策については、山でクマに遭遇した際の対応策よろしく諸説あるが、ここは専門のお医者からの意見も借りて、簡単にリスク評価を論じておきたい。まず、ヒアリ(およびアカカミアリ)の毒は甘くみてはいけない、ということである。普通の人は刺されてもまず大事に至ることはないが、これらの毒に対してアレルギー体質の人では、重篤なショック症状を示す場合があることをまず念頭において頂きたい。

 このショック症状は「アナフィラキシー・ショック」と言われ、ハチやアリなどの生物毒やダニの糞などのアレルゲンが体内に侵入した場合に発症するアレルギー反応である。医学的に解説すれば、哺乳類ではアレルゲン(抗原)が体内に入ると、それに対する抗体ができる。抗原と抗体は、ヒスタミンをはじめとした炎症など引き起こす物質を多く含んだ肥満細胞という細胞と結合し、ヒスタミンなどを体内に放出する。ヒスタミンは細動脈を拡張させるため、急激な血圧低下および毛細血管細胞膜の透過性亢進による浮腫を引き起こし、これらの反応が過剰に進むと、アナフィラキシー・ショックが発症する。


©iStock.com

  ハチなどに1回刺されて2回目以降にアナフィラキシーを起こしやすい、とされるのは、1回目の刺傷で産生された抗体が、2回目刺傷でつくられた抗体とあわせて、肥満細胞からより多くのヒスタミンなどが体内に放出されるためと考えられている。しかし、体調や体質によって、ヒスタミンに対する感受性は異なるため1回目の刺傷でもアナフィラキシー・ショックは生じることがある。

 また、ハチ毒自体にもアレルギー反応を起因させるヒスタミンが多量に含まれているので、上記の免疫反応に加え人によってはよりアナフィラキシーを引き起こす可能性が高まる。件のヒアリ毒にはヒスタミンは含まれていないが、肥満細胞からヒスタミンの放出を誘発する作用がかなり強いことが報告されており、やはり体質によってアナフィラキシー・ショックが生じるリスクが高いとされる。

 アナフィラキシー・ショックが発症すると、全身のじんましんなどの皮膚症状や嘔吐、浮腫、呼吸困難などが起こり、さらに重症化すると意識障害や急な血圧低下に至り、放置すれば命に危険がおよぶ確率が高くなる。アナフィラキシーは、即時型アレルギーの一種で、ハチやアリでは刺されてから比較的短時間(10〜15分)で発症するとされており、もし、虫に刺されて、全身の異常を感じ始めたら、すぐに救急車を呼んで、治療を受ける必要がある。

アリに刺されるという予測不可能リスクに備えるために

 確率が低いとは言え、誰でもアナフィラキシーになる可能性はあり、やはり、可能な限りこれらの外来アリ類には刺されないようにすることが重要となる。では、どうやってヒアリ・アカカミアリを見分けるのか、という点が次の注意ポイントとなるが、巣が巨大になれば数10センチの蟻塚を作るというのが一般的に指摘される比較的わかりやすい特徴とされるが、そこまで巣が大きくなる前は比較的少数で働き蟻(ワーカー)がうろつくぐらいで、そうした歩いているアリを見て種を見分けることは普通の人にはまず不可能であろう……。

 また近づかなければ安全とされるが、どこにアリがいるかなんて、そう簡単には気づくことはなく、実際、筆者もフロリダに調査に行った際、調査後に食事をとるためサンダル履きでホテルの玄関を出た直後に1匹のヒアリに足を刺されたことがある。どのタイミングで刺されるかは予測不能なのだ。

 対策としては、もし、外で活動していて腕や足など体の一部に激しい痛みが走った時に、そこにアリを見かけたら、ヒアリかアカカミアリである可能性を疑い、一人になることを避けて、異常が生じた場合に即時に救護してもらえるよう「構える」という行動プロセスを日頃から心得ておくことが重要であろう。

 なお、ヒアリの形態的特徴と見分け方については下記のサイトが詳しいので関心のある方は参照いただきたい。怪しいアリを発見した時の連絡先も記されている。

ヒアリに関するFAQ:https://sites.google.com/site/iussijapan/fireant


©iStock.com

外来種によって脅かされる日本の自然を意識したい

 日本の生物相は他の大陸の生物たちと比較して、危険な有毒生物の種類が少なく、我々日本人も安心して自然に親しむ文化を育んできた。毒蛇や毒虫にビクつくこともなく草原や河川敷で腰を下ろしてレジャーを楽しむなんて環境は、他の国ではなかなか望めない。そんなマイルドな身近な環境が、今外来種によって改変されつつある。ヒアリが分布拡大を果たせば、もうお花見を楽しむことも難しくなるかもしれない。そんなリスクも元をたどればグローバル化に依存した我々のライフスタイルにあることをまず意識する必要がある。

(五箇 公一)