返事一つで変わるかも?久しぶりの男性への賢いLINEの対応法4つ(photo by determined/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】簡単に連絡先を交換出来るLINEなどSNSアプリには、男女問わず多くの人が登録されているのではないでしょうか?今回は、普段はやりとりをしていない男性からのLINEの対応方法をご紹介。対応の仕方を間違えて、相手との関係が気まずくならないように注意しましょう。

【他の記事を見る】男性が「好きになっちゃう」LINEの既読スルー5つ

♥興味のある人にはテンポ良く返信


自分が気になっていた男性からのLINEが届くと、嬉しいですよね。

気持ちが先走ってどう返そうか悩んだ挙句、未読スルーのままになっていませんか?

LINEを送った男性側も何か用があったり、久しぶりに思い出して連絡したり、興味があって連絡をするもの。

久しぶりの相手でも時間をあけずテンション高めに返してくれると、嬉しい気持ちが伝染しますよ。

あなたの印象まで、ぐっと高めてくれるかも。

人の温度感は変わりゆくものなので、あまり時間を置いてしまってテンションが普通に戻ってしまう前に返信したいところ。

しかしいくら嬉しくても、最初から連投や長文は避けたほうがベター。

相手のリズムも大切にしながら、トークを楽しみましょう。

♥もしかしたら恋に発展するかも?と無難にやりとり


今は恋愛感情は持っていないけど友達として付き合いをしていきたいなら、相手のトーンに合わせた返信を。

自分のペースを大切にしながら、気付いた時に返信ペースでも問題ありません。

女の子っぽいスタンプも併用しながら“友達”になり過ぎないようにしたいところ。

いつか恋愛感情が芽生えるかもしれないですし、良い友人関係を築いていきたいですね。

♥ちょっと面倒な時はスタンプで


仕事で忙しかったり返したくない時は、スタンプだけを送って会話が進まないようにするのも手。

仲の良い間柄ならスタンプだけでトークが成り立つ場合もありますが、そこまでの仲ではないのならこちらの思いを察してくれるかも。

緊急の用事でない限り、自分が返せるタイミングに改めて連絡を取るのでも問題ないはず。

LINEに来た全てに返さなきゃ!と思うとプレッシャーになったり、SNS疲れになる可能性も…。

コミュニケーションだけが目的になってしまわないように、意識したいですね。

♥恋人はちょっと…と思うなら幸せアピールで隙を見せない


全く興味がない人からのLINEは、返信の仕方に気をつけたいところ。

下手に愛想良くしていると相手に「脈があるかも!」と期待をさせてしまうだけでなく、デートへのお誘いなどアピールがヒートアップするかも。

最初から好意に発展する気がないと思うなら、相手に隙を与えない事が大切です。

「最近どう?」と聞かれたら、「彼氏とも上手くいって順調!」など幸せアピールをしてはみてはいかがでしょうか。

恋人がいなくても「彼はいないけど仕事が充実している」など、わざわざフリーである事は触れなくてOK。

恋愛対象に思っていないのなら、最初から思わせぶりに取られる言葉は避けておきましょう。

いかがでしたでしょうか?

最近ではSNSで関係性を築くていく事が多いからこそ、LINEを上手に制する事が吉。

久しぶりに男性から連絡が来て迷ったときは、参考にしてみてくださいね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】