ナイン・インチ・ネイルズ、『ツイン・ピークス』パフォーマンス映像公開

写真拡大

ナイン・インチ・ネイルズが、TVドラマ『Twin Peaks: The Return』の中に登場するバーでパフォーマンスする映像を公開した。

◆ナイン・インチ・ネイルズ映像

バンドは、12月にリリースしたEP『Not the Actual Events』に収録する「She's Gone Away」をステージで初めてプレイした。

アメリカで5月に放送が開始した『ツイン・ピークス』の26年ぶりの新シリーズ『Twin Peaks: The Return』では、定期的に実在のミュージシャンがバーでパフォーマンスするシーンがフィーチャーされており、これまでクロマティックス(エピソード2)、The Cactus Blossoms(エピソード3)、Au Revoir Simone(エピソード4)、Trouble(エピソード5)、シャロン・ヴァン・エッテン(エピソード6)がプレイしてきた。

ナイン・インチ・ネイルズの演奏は、今週(25日)アメリカで放送された最新エピソード(8)で見られるそうだ。

『Twin Peaks: The Return』は日本ではWOWOWで7月22日(午後9時)から放送される。

トレント・レズナーは過去にデヴィッド・リンチ監督の映画『Lost Highway』(1997年)のサウンドトラックをプロデュース。リンチは、2013年にナイン・インチ・ネイルズの「Came Back Haunted」のミュージック・ビデオを監督した。

Ako Suzuki